人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 181話 『絶技』

    刃牙の反撃、開始ッ!!
    1


    パ ン ッ


    観客
    「み…ッツ見えないッツ」
    「ジャブか…ッツ!?」
    「一パツで倒したッツ」


    どお・・・・
    2


    克己
    「違う…」


    独歩
    「ふむ…3パツだ」


    海皇じいちゃん
    「三つが一つにしか聞こえぬほどの」
    「超高速の段打ち…」
    3

    4


    渋川先生
    「果たしてこの会場に――」
    「今の刻み突きを3パツと知る者が何人いることか…」


    ・・・・・場面は変わり・・・・・・・・


    ド ン ッ


    ー ボブ・マンデン 伝説のガンマンである(1942年~2012年) ー


    ー 職業 銃整備士 ー


    ー 2メートル離した二つの風船を ー


    ー 0.02秒で打ち抜くその2発の発射音は―― ー


    ー 耳を凝らせて尚1発にしか聞こえない ー


    ー 瞬きを凌駕するその速さ ー


    ー ガトリング砲の連射速度に匹敵する ー


    ー 早撃ちの際 持ち手に掛かる重力 実に10G ー


    ー 「10G」とは ー


    ー 戦闘機パイロットの身体的限界に相当する ー


    ー そんな重力を支えられるのも ー


    ー カードを縦に引き裂く驚異的握力とピンチ(指力)あってのことだろう ー


    ー 刃牙が放ったジャブ上中下の三段打ち ー


    ー 顔面 水月 金的 ー


    ー 一拍子に同時3発速射 ー


    ー さらには最速から初動するゴキブリダッシュは ー


    ー 武蔵に間合いを潰させず ー


    ー 加うるに… ー


    ー 脱力を十分に効かせた―― ー


    ー 手首から先端の操作によるフリッカージャブの初弾は ー


    ー 武蔵の眉間を深く抉った ー


    ー 以上 3種 現代格闘技術を ー


    ー 同時多発駆使 ー
    5


    「見事…」
    「見事な先端操作だ」


    紅葉
    「それもそうだが……」
    「今……」
    「刃牙さん……」
    「なんか……」
    「消え…?」


    ー 戦国には存在しない技術… ー
    6

    ー 武蔵には…… ー

    武蔵
    「ふしゅ…」
    「ふしゅる…」


    ー 新しすぎたか? ー


    武蔵
    「少年(ボン)」
    「たった今倒されていた際…」
    「幾度かは仕留められたはず…」


    刃牙
    「へッ」
    「そんな冒険はしないよ」


    刃牙
    (仕留めるなら――)
    (動きながらがいい・・・・・・・)
    7



    武蔵
    「はは…」
    「有り難い」
    「金的を上から叩いた」
    「下から打たれたら」
    「もう…終了っていた」


    グ ン ッ

    8



    武蔵
    「よし見えた」
    「いざ組み打たん」

    もみ もみ

    ■もうゴキブリ拳は効かない…ッツ。
    9



    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    キングダム 第541話 『予言の地

    1

    新たに加勢した趙軍一万の大軍勢。かつての三大天・藺相如を支えた最強の刺客達!!
    2

    中央からの援軍だ。一万もだぞ。オオ。よォし今日で秦右翼を叩き潰すぞォ。

    塩殿、あの援軍は。

    ああ。

    三日目にして李牧様は早くも尭雲様を送られたのか・・・。

    よく見ておけ若造共。尭雲様の周りを囲う騎兵の姿を。


    他とまとう空気が違おうが。あれが正真正銘の尭雲様の直下兵団「雷雲」。数は二千程に減れど、噂では領地内の練兵で当時の精強さは保たれていると。つまり、あれこそ現存するあの廉頗と肩を並べた「幻」の三大天藺相如の「軍勢」だ。
    3

    幻!?

    ああ「幻」だ。


    三大天 藺相如は実力絶頂の時、突然 病に伏し、そのまま絶命した。
    4

    秦の六将、魏の火龍、そして趙三大天。天地を震わせた英傑達の乱舞の主役のお一人が何と病であっけなく姿を消した。その儚さ切なさに藺相如様はまるで「幻」のようなお方であったと・・・。


    そしてその時、誰より深く悲しみにくれたのが・・・尭雲様だ。その慟哭は邯鄲中の人間が聞いたという。
    5

    塩様、しかしたしか藺相如様の将は十人いたと・・・。

    ああ。いわゆる「藺家十傑」だ。

    藺相如様が病死した後、八将は殉死するが如く無理な戦場に身を投じ、壮絶に戦死した。

    相如様の死後、矛を置き、戦場から離れ生き残ったのが尭雲様と趙峩龍様・・・・・・。


    相如様が息を引き取る時、戦場から駆け戻られ左右の手を握っていたお二人だ。
    6

    えっ!?

    そのお二人だけが戦場から去り生き残ったと・・・・・・。

    それは何か相如様から伝えられたからでは?

    そう考えられておる。だがそれが何だったのかは当のご本人達にしか分からぬままだ。

    とにかくその尭雲様と趙峩龍様がこの大戦に参戦して下さったのは何より心強いことであるし、今 同じ戦場にお二人が並び立たれるとなると正にかつての・・・

    あっ


    尭雲:こうも早く呼ばれるとは予想外だ。

    趙峩龍:俺も予想外だった。
    7

    尭雲:お前に予想外があるのか峩龍。

    趙峩龍:王賁という若き将が。それだ。

    尭雲:敵は亜光と思って来たが、それだけではないと・・・。

    趙峩龍:「格」はまだはるかに亜光は上だ。だが、間違いなくいずれ王賁が追い越す。それが三年後か明日・今日の話かもしれぬ。王賁は・・・
    8

    尭雲:まァいい。相手のことよりまずは己だ。見えざる敵を相手に練兵はしてきたが実戦は久しぶりだ。それこそ本気の戦いとなると十数年ぶり。

    趙峩龍:まずは汗を流すと。

    尭雲:そういうことだ。

    趙峩龍:フッお前らしいわ。了承した。


    尭雲:気付いておるか峩龍。この地こそ偉大なる主が最後に我らに預言された朱海平原だ。
    9

    10


    趙峩龍:そうかあれは本当に・・・そういうことだったのか・・・


    どうなされました趙峩龍様

    なっ何だあの軍はっ
    11

    中央から来た新手のっ・・・

    バカな前列が粉々にっ・・・

    す・・・凄まじいな
    12

    フッどこが汗を流すだ。

    「雷雲」・・・め。全く衰えておらぬぞ。

    趙峩龍:あれは我々の殉死を止める・・・死の際の虚言とばかり・・・

    藺相如:二人共、俺を追って死ぬことは・・・許さぬぞ。
    13

    殿・・・意識が・・・

    藺相如:夢を・・・見た・・・お前達二人が・・・朱き地に勇ましく立ち、大いに敵を屠っておったわ。二人にはまだ・・・役割が残っている。故に絶対に俺を追ってはならんよいな。

    尭雲・趙峩龍:ハ!!

    藺相如:フッ尭雲。その時は・・・朱き平原を・・・・・・敵の地でさらに深き朱に染めてやれ・・・・・・
    14

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    ゴールデンカムイ 第141話 『樺太アイヌ

    小型の得体のしれない獣に襲われていたヒグマが一目散に逃げていく。
    それを横目で見送る杉元と谷垣。
    1


    鯉登少尉は残された獣を近くで観察している。

    そんな鯉登少尉に、離れて下さい、と獣に向けて銃を構える月島軍曹。


    「これがさっき言ってたヒグマより凶暴な奴なのか?」
    なんか弱そうだな、と余裕の表情の鯉登少尉。
    「目もつぶらで可愛いではないか月島軍曹」

    獣を警戒している杉元。
    リュウが獣と距離をとっている事を指摘し、狂暴さを感じ取っている。


    ゴルルルッ

    獣が鯉登少尉の背後に素早く回り込み、その背中に噛みつく。
    2


    雪上に俯せに倒れる鯉登少尉。
    月島ァ! と叫び助けを求める。


    北海道には樺太とは違う動物が生息している。
    鯉登少尉の背中の上で噛みついたままの獣はイタチ科のクズリ、英語ではウルヴァリンと呼ばれる獣だった。


    ヒグマからも獲物を横取りするほどに狂暴な気性を持つことから、現地のロシア人からは「熊より恐ろしい」対象として警戒されている。
    3


    月島軍曹はクズリの腹を蹴り上げて鯉登少尉の背中から吹っ飛ばす。

    木にぶつかったクズリに銃の照準を合わせるが幹に命中する。


    「こいつ素早いぞッ」
    月島軍曹は次弾を銃に込める。


    チカパシの挺身
    クズリはクマを始めとした大型の哺乳類に対して、木の上から相手の背中へ飛び掛かって背骨を攻撃する。


    木の上からジャンプするクズリ。
    樺太アイヌの女の子に背後から襲い掛かる。


    チカパシが抱き着くような形でクズリから身を挺して樺太アイヌの女の子を守る。
    4

    「でかしたチカパシ」
    杉元がチカパシの背中にくっついているクズリの背中と後頭部の皮を持って引き剥がす。
    「その子を連れていけッ谷垣」

    谷垣が女の子とチカパシを抱き寄せる。


    「その子はアシリパさんの情報を持っている」
    必至の形相で叫ぶ杉元。

    5
    そして、クズリを雪上に抑えつけたまま、月島軍曹を見る。
    「投げるぞッ いいか月島軍曹ッ」

    よしッ、と銃を構えた月島軍曹が一言合図で杉元がクズリを投げる。

    ボンッとクズリが雪上を弾むクズリ。

    ドンッ

    月島軍曹がクズリを狙撃する。

    やったか? とクズリのいるであろう方向を見ながら杉元が呟く。

    「わからん」
    月島は鯉登少尉を背負いながら答える。
    「とにかく離れるぞ 走れッ」
    6

    谷垣は女の子とチカパシをそれぞれ脇に抱えて、杉元達よりも先行してその場を逃げている。

    その場を後にする杉元達。


    危機一髪
    「来たぞ月島ァ!!」
    月島軍曹に背負われたままの鯉登少尉が呼びかける。


    クズリは体長わずか1メートルほどだが、足の裏が成人男性の手の平ほど大きく雪上でも素早く移動する。


    鯉登少尉を背負ったままの月島軍曹は銃を使えない。


    「杉元撃て!! 追いつかれるぞッ」
    慌てる月島軍曹。


    杉元は月島軍曹に言われる前に、既にクズリに向けて銃の照準を合わせている。
    銃が苦手な杉元の表情に大量の汗が流れる。


    「エノノカ!!」
    犬橇(いぬぞり)に乗った樺太アイヌのおじいさんが颯爽と現れる。
    7


    犬橇だ!! と谷垣。


    「ヘンケ(お爺ちゃん)!!」
    アイヌの女の子――エノノカが笑顔で呟く。


    一行は急いで犬橇に乗る。

    そしてすぐに犬橇は走り出す。


    後に残されたクズリが遠くなっていく。

    「トホ! トホ! トー!」

    「トホ! トホ! トー!」


    前進! と犬に命令するヘンケ。


    「あきらめたみたいだぜ」
    クズリが追ってこない事からそう解釈する杉元。


    谷垣いじり(笑)
    ヘンケは進行方向から目を逸らさずに、パーセ(重い)!! と一言口にする。

    「ヘンケが『重い』って言ってる! 犬が疲れちゃう」
    エノノカが後ろに乗っている杉元達に向けて呼びかける。


    「谷垣一等卒!! 貴様のせいだ」
    鯉登少尉が真っ先に谷垣に向けて言い放つ。
    「牝牛のように太りよってからに!!」

    ええ? と戸惑いを見せる谷垣。

    「そうだな… 肥え過ぎだ」
    杉元は谷垣の腰に回していた手を上にスライドさせ、谷垣を橇から投げ捨てる。


    鯉登少尉が雪上を転がる谷垣。
    お尻がプリンッと弾む。


    「走って痩せろ谷垣一等卒」と鯉登少尉。

    樺太アイヌの集落
    大泊の近く、樺太アイヌの集落に辿り着いた一行。


    千島、北海道、樺太と三つに分かれているアイヌ文化。
    当時の樺太アイヌは漁業中心の生活をしていたという。


    一つの木造りの小屋を手で示すエノノカ。
    「私とヘンケここでふたちで住んでる でもここ『夏の家』」
    寒くなると『夏の家(サハチセ)』のすぐ近くにある『冬の家』に移るのだと説明が続く。
    8


    樺太アイヌは家がふたつあんの? と杉元。


    集落まで走り切った谷垣が腰を下ろしているすぐそばではヘンケが犬橇を引く『犬繋ぎ竿(セタクマ)』に犬を繋ぐ作業をしている。


    リュウは犬橇を引く犬の集団の中で、ただ一匹頭頂部に飾りをつけられている犬を見て、憧れているような素振りを見せる。


    こっちが『冬の家』、と雪で覆われた家へと案内される杉元達。


    トイチセと呼ぶその家はまるでかまくらのような形状をしているが、その中はきちんとした木で作られており、家具もあり、煙突もある。


    北海道よりもさらに北に位置する樺太で、その過酷な自然環境に適応した結果生まれた文化である独自の生活だった。


    「臭い臭いッ 何を塗っているのだ!?」
    ヘンケが上半身をはだけた鯉登少尉の背中に何かを塗り込んでいる。


    熊の油は傷に良いのだそうです、と月島軍曹が説明する。



    エノノカ
    「助けてくれてありがとう」
    笑顔でチカパシを見るエノノカ。
    「名前は?」


    「おれチカパシ ちんちんが勃起するって意味だ!!」


    ボッキ? と不思議そうに呟くエノノカ。
    「わたしエノノカ 『フレップ(コケモモ)』って意味」
    エノノカは、フレップをたくさん食べて全部戻したから付いた名前だと説明する。


    ほかに名付けるきっかけ無かったのかい? と静かに突っ込む杉元。

    「北海道から来たアイヌの女の子もうちでフレップ食べた」
    杉元の顔を見つめるエノノカ。
    杉元から受けとったアシリパの写真を見て、この女の子! と答えるエノノカ。

    連れの男たちがいなかったか? という杉元に、
    9

    エノノカは、三人いた、と即答する。

    「この男はいたか?」
    谷垣がキロランケの写真をエノノカに見せる。

    いた、とエノノカ。
    「『北へ向かう』って言ってた」
    10


    北…と谷垣が呟く。


    アシリパが樺太にいると確信
    「女の子はどんな様子だった? 元気だったか?」
    杉元が真剣な表情でエノノカを見つめる。


    「元気ない とてもとても悲しそう 何も話さなかった」
    11


    「……」
    エノノカの答えを聞いて俯く杉元。



    「でも…フレップの塩漬け出したら食べた」


    杉元達の前にはフレップの塩漬けがある。



    「…」
    一口食べる杉元。
    「しょっぱくて酸っぱくて甘い…」


    「フレップいっぱい食べたらちょっと元気になった」
    口いっぱいにフレップを頬ばるアシリパを思い出すエノノカ。
    「ちょっと笑って『ヒンナ』って言ってた」



    「……アシリパさんだ 間違いなくアシリパさんだぜ」
    安堵したように笑う杉元。
    「確かにこの村にいた やっぱり樺太に来てたんだ…!」
    12


    このページのトップヘ