人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    キングダム 第535話 『格不足』

    遼陽の戦い。激しく刃をぶつけ合うバジオウと犬戎の間にも、静かに夕闇が訪れ・・・!?



    犬戎:日没だ。帰るぞ兄者。

    犬戎:腹へった。

    犬戎:その面・・・覚えておくぞ。

    壁:やっと退がったか・・・。

    大丈夫ですか壁様

    壁:ああ。急いで死傷者の数を調べろ。

    フィゴ王:初日から派手に死んだのー死王。血の原にたたずむ貴様の姿はいつ見ても・・・


    楊端和:フィゴ王よ。私に話しかけるな。今は機嫌が悪い。




    夜は静かなんだな。戦争って・・・

    お父ーお腹すいたー

    ボクもー

    明日また配給がある。我慢して寝なさい。

    はーい。

    おなかへったー。

    摩論:お待たせしましたお頭。雌馬のホホ肉 摩論風香辛焼きです。戦では好きなだけ馬肉にありつけるのがいいですね。趙王都圏の馬の味はいかがなものか。

    オギコ:いただきまーす。

    摩論:お頭が先ですオギコ

    オギコ:あいた。

    雷土:俺らにもあやからせろ摩論。

    摩論:おや雷土さん黒桜さん。

    摩論:わざわざ反対側にそちらにも軍馬は転がっているでしょーに。

    雷土:肉はあっても料理する奴がいねー。

    摩論:一応黒桜さんが。

    雷土:こいつの料理食うくらいなら生肉食った方がマシだ。

    黒桜:お前マジでいつか殺すからな雷土。

    桓騎:雷土、お前側の方は日暮れまで大変そうだったなー。

    雷土:大変なんてもんじゃねーよ。次っから次にひっきりなしに奴ら出てきやがって。く、うめーな。やっぱ摩論、お前の味つけは。

    摩論:ありがとうございます。

    黒桜:リン玉は何でこんなにバカ寝してんだ。

    摩論:こちら側で大車輪のご活躍でしたので・・・。酷使ともいいますが。

    桓騎:で初日やった感じどうだった。

    雷土:正直やれなくはねェ。向こうはワラワラとわいて出てくるが、横の連携・・・的なもんがねェから個別に討ててやりやすい。

    黒桜:連携してくると多少厄介だけど、こっちにはまだゼノウ一家ら隠し玉が残ってる。

    雷土:ただし、これにもし李牧やら何やらのでけェ軍が来ちまったらマジで一たまりもねェ。


    摩論:そこは間違いないかと。オギコさん食べすぎです。

    雷土:王翦の戦場がどうなってんのか報告は?

    桓騎:フッ。イチイチ入ってくるわけねェだろ。気にしィだなお前雷土。

    摩論:たしかに・・・時々雷土さんは気が大きいのか小さいのか分からない時があります。

    雷土:何だとコラァ。


    朱海平原 秦軍右翼 玉鳳隊 本陣

    まっ麻鉱将軍が討たれただとォ!?

    しっしかもりっ・・・李牧本人に討ち取られたなどと左翼で一体何が起こったのだ!?

    関常:し信じられぬ。あの麻鉱様が討たれるなどと・・・李牧とは一体どれ程の・・・

    それでは将 麻鉱が討たれ、左翼はそのまま敗退したということか?

    い・・・いえそれが報告では左翼は敗退せず、何とか初日を耐えしのんだと。

    なっ何っ!?

    何でも・・・楽華隊の蒙恬が麻鉱軍を率いてもちこたえさせたと・・・。

    なっ

    もっ蒙恬が・・・

    と言っても左翼が虫の息なのは変わりない。王翦様は早くも窮地に立たされましたね隊長。


    関常:ああ。初日は明らかに左に策を設けて仕掛けたが、逆にそこで李牧にしてやられた。
    おまけに失ったのは左腕とまで言われた第二将 麻鉱。
    王翦様が精神的にくらった傷は大変なものだ。


    王賁:お前に王翦の何が分かる関常。
    誰が死のうがあの人にとっては駒の一つを失ったにすぎぬ。
    左翼の将という駒を失ったなら補完するだけだ。
    そのために中央軍にはまだ多くの将校をとどめている。下手な感情を一切持たぬという強み。
    何が起ころうとその中で冷静に策を組み重ねて勝つために戦略を練り上げていく。
    それが王翦だ。そう簡単に崩れはせぬ!

    関常:そんなことは分かってますよ。俺が言いたいのは・・・左翼の立て直しはとてつもなく難しいってことだ。相手はあの紀彗とかいう

    関常。賁様は王翦様に任せておけば大丈夫だとおっしゃっているのだ。

    関常:だといいですけどね。

    秦軍 左翼 楽華隊 本陣

    信:落馬して頭打って気絶してたってダッサー。

    コラ貴様 蒙恬様に向かって

    蒙恬:ハハいいよじィ。本当に間抜けだった。

    たまに抜けてるんだよなー蒙恬様。

    蒙恬:うるさいよ陸仙。

    信:あ。


    麻鉱軍の将校:今日の我らへの指揮 真に見事であった。我々は間違いなくお前に救われた蒙恬。心から感謝する。

    信・河了貂:麻鉱軍の将校達・・・

    蒙恬:でも麻鉱将軍が「生きてる」ってだまして戦わせちゃって兵達怒ってないの?

    麻鉱軍の将校:大丈夫だ。うちは上下関係が強烈だ。
    文句を言った奴は鉄拳制裁でしずめた。冗談だ。
    あの状況で軍の息を継ぎ止めた指揮官に誰が文句を言うものか。


    明日以降で麻鉱様の仇を必ず討つと皆が等しく士気を高めているところだ。

    信:でも明日からどうやって戦うんだ?あんたらの軍には大将もいなけりゃ参謀もいねーんだろ。

    麻鉱軍の将校:王翦様がここに何らかの手を加えられることは間違いない。

    今日は何とかもったがこのままでは明日は戦えぬ。今晩中に軍編制をやり戦略を組み立てねば。

    中央軍にはまだ田里弥様・倉央様という将軍がおられる。
    そのどちらかが間もなく到着され準備にとりかかるはずだ。

    信:へー。俺はいっそ蒙恬がそのまま指揮をとってもいーと思うけどなー。

    蒙恬:それは無理だ。
    今日はたまたまうまくいったが、この大軍を実戦で率いるにはあまりに俺は経験不足だ。
    しかも勝手を知らない麻鉱軍だ。そんな危うい軍で叩ける程、相対す紀彗軍は易くない!

    本陣はここかー。中央本営王翦様より伝令であァる。

    信:さっそく来たな。


    伝令:王翦様の言葉をそのまま伝える。
    麻鉱将軍を失った中で総崩れとならず、踏みとどまった左翼の奮闘を心から称える。
    特に途中から指揮をとり導いた蒙恬に心から感謝する。
    だが、五千将の身でこれ以上この大戦の指揮を取るには「格」不足である。
    この左翼の戦いは右翼と共にこの朱海平原の勝敗そのものに直結する程重要だ。
    よってこの左の異常事態に対し、総大将の特別権利を発動し、
    この戦の期間中に限り蒙恬を「将軍」の位へ格上げし、左翼の全権限を与えることとする!!

    信:なっなァっ・・・将軍にィィ 何ィィィ

    秦軍 中央軍 本陣

    宜しいのですが左翼。

    王翦:ああ。若いが蒙恬は私と李牧の間に割って入る程、戦が見えておる。

    何と・・・

    王翦:それに左ではない。明日以降火がつくのは右翼だ!


    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    ゴールデンカムイ 第136話 『最後の侍


    「止まれッ 誰か来る」
    白石が複数の人影を発見し、建物の陰に隠れながらアシリパを制する。
    1


    見えてきたのは谷垣、インカラマッ、牛山、夏太郎の姿だった。


    みんな揃って正門に行き、待機している白石達の元へさらにキロランケが合流する。


    アシリパが開口一番キロランケに、杉元は? と問い質す。

    キロランケは杉元を舎房から出したが、その後はのっぺら坊を連れてきて必ずアシリパに会わせるべく、ひとりで教誨堂へと向かったと報告する。
    2


    教誨堂には土方と犬童もいると言うキロランケの言葉に夏太郎が助太刀しなくては、と牛山に呼びかけながら走り出す。


    待てといいながら夏太郎を追う牛山。


    さらにその後を追おうとするアシリパの頭をキロランケが掴む。
    「お前は言ったらダメだ」


    アシリパはキロランケを見上げながら、でも、ともどかしそうな表情で訴える。


    谷垣がふと傍らを見ると、インカラマッが外壁に備え付けてある梯子を上り始めている。
    「インカラマッ!?」
    3


    インカラマッは、梯子は屋根の雪を下ろすために登るための梯子で、高所から見下ろせば確認できるかもしれないと説明し、梯子をどんどん登っていく。


    屋根に登ったインカラマッが辺りを見回す。
    4


    介錯

    教誨堂。

    犬童が土方の前に跪いて握りこぶしを固めた両腕で土方の腹にもたれかかってうめき声を上げる。


    犬童が土方の服をポケットに手を入れるようにして掴んだために、ポケットが破れ、そこからアシリパの写真が床に落ちる。
    5


    土方は崩れ落ちる犬童を静かに見下ろしている。

    犬童が手を降ろし、土方と繋がっている鎖が音を立てる。
    その腹からは床に向けて内臓が飛び出ている。


    「やれ」
    床に跪き俯いたまま、犬童は一切取り乱すことなく静かに土方に介錯を頼む。
    「最後の侍…」
    6


    土方は無言で犬童の首に向けて刀を振り下ろす。
    その切り口は見事に皮一枚を残し、犬童の首が床に落ちる。


    杉元、本物ののっぺら坊との邂逅

    二階堂を連れて行った第七師団兵から姿を隠していた杉元が床下から這い出る。
    その目の前には杖をつき膝をついている囚人の姿。


    照明弾が降り、のっぺら坊の顔が照らされると、杉元はその目が青い事を確認する。
    7


    膝歩きで杉元からゆっくりと離れていくのっぺら坊に、背後から杉元が声をかける。
    「これが何かわかるか?」
    杉元の右手にはアシリパから預かっていたメノコマキリ。


    振り向いたのっぺら坊が答える。
    「アシリパのマキリ…どうして…それを持っている?」


    やっぱりか、と杉元は確信する。
    「やっぱりのっぺら坊はアシリパさんの父親だったのか…」
    8


    のっぺら坊は杉元にアシリパがここに来ているのかと問いかける。


    「来いッ」
    杉元がのっぺら坊の囚人服の袖を掴む。
    「全部話してもらうぜ」


    のっぺら坊は袖にかかった杉元の手を払いのける。
    「金塊……知りたければアシリパを連れて来い」


    「金塊?」
    杉元は、それも聞かせてもらうけどよ、と断り、あんたにはずっと言いたいことがあったと先を続ける。
    「本当はなぁ…あんたをアシリパさんに会わせたくねえよ!!」



    杉元は、アシリパが、もし本当にアイヌ殺しと金塊強奪をやってのけたのっぺら坊が自分の父親だったらどうしようと怯えていたと指摘する。
    9


    そして、なぜ土方に直接金塊の在り処を伝えずに「胡蝶部明日子」という和名を土方に教えたのか、独立云々でどうしてアシリパを巻き込む必要があった、とのっぺら坊を指さし声を荒げる。
    10


    「…未来を託すため」
    のっぺら坊が口を開く。
    「アシリパは山で潜伏し戦えるよう…………仕込んだ」
    「私の娘は……アイヌを導く存在…」
    11


    アイヌを導くだって? と杉元が呼吸を荒くしながらも反応する。



    土方歳三が新聞記者(石川啄木)にアシリパの事について書かせるつもりであることを白石から聞いたという杉元は堰を切ったようにのっぺら坊に言い募る。


    「新聞を使って世論を誘導しアイヌの独立運動にアシリパを利用する気か?」


    「アメリカ南北戦争のように北海道と内地は下手すりゃ戦争だ」


    「あの子をジャンヌ・ダルクにでもしようってのか?」


    その頃、舎房では第七師団と囚人たちとの戦いの趨勢がほぼ決していた。
    火事の煙が房内を満たしつつある。
    12


    「どうしたこっちは遊び足りんぞ!!」
    囚人の死体に囲まれながら鶴見中尉が逃げ始める囚人たちに向けて叫ぶ。
    「有坂閣下の『坊や』に挨拶しろ!!」
    膝をつきながら、囚人たちに向けて銃口の狙いを定めた機関銃を発射する。


    ついにアシリパとのっぺら坊が……

    「あの子を俺たちみたいな人殺しにしようってのか!!」
    杉元がのっぺら坊の囚人服の襟を掴んで訴えかける。

    13
    大義はご立派、誰かが戦わなくてはならないかもしれないが、それはアシリパではなくてもいいだろう、と言う杉元。
    「アシリパさんには…山で鹿を獲って脳みそを食べてチタタプしてヒンナヒンナしていて欲しいんだよ俺はッ!!」


    「シサムよ…あの子に随分と仕込まれたようだな…」
    のっぺら坊が静かに口を開く。


    そして、杉元を見据えていた青い目が高所の何かを視界に捉える。
    「あの着物は…」
    のっぺら坊が見つけたのは屋根の上で辺りを見回しているインカラマッだった。
    14


    同時に、インカラマッも赤い囚人服と一緒にいる杉元を見つける。
    「アシリパちゃん上に来てくださいッ のっぺら坊と杉元ニシパがいますッ」
    大声で地上のアシリパ達に知らせるインカラマッ。
    15


    「どうだ見えるか?」
    杉元はのっぺら坊の目に自身の双眼鏡を当てて屋根の上を確認させていた。


    「…………インカラマッ」
    一言だけ口を開くのっぺら坊。


    土方は負傷した肩の血の止血の為に、二の腕に巻いた布を絞っていた。
    駆けつけた夏太郎と牛山に向けて、のっぺら坊が近くにいるはずだ、探せと命じる。
    16

    インカラマッと同様に屋根の上に登るアシリパとキロランケ。

    アシリパは大きくなる自身の胸の拍動を感じながら双眼鏡を覗く
    17


    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 177話 『 原始人とサムライ』

    武蔵
    「花山も巨体かったが」
    「ぴくるよ」

    1
    「飛び抜けとるなおぬしゃ……」


    ぴくる
    「……」


    武蔵
    「ふむ…」



    武蔵
    「特に…」
    「何をしにきたわけでもないんだが…」
    「会いにきた」


    場面は地上・・・・・・・・・・

    2

    刑事
    「桑田さん」
    「ひょっとしてここ…」
    「この辺りって…」


    桑田
    「なんだ 今ごろ気付いたのか」


    刑事
    「で…ですよね 「ピクル」っすよね」
    「!」
    「え!?--ってことは…」


    桑田
    「そういうことだ 原始人とサムライを会わせたい」

    3
    「誰かがお侍にこの場所を告ったワケだ」




    場面は地下…武蔵、ピクルサイドへ・・・・・・・


    武蔵・ピクル
    「・・・・・・・・」

    武蔵
    「これ…」
    「これを全部」

    武蔵
    「おぬし一人で食したと」
    4


    ピクル
    「・・・・」


    武蔵
    「火も使用わんと生で食らう」
    「骨だけ」


    武蔵
    「内臓もきれいさっぱりだ」
    「なるほど 強い訳だ」


    武蔵
    「これも…召し上がれと」


    ピクル
    「ニィ…」


    ぱも…
    5

    むぐ

    武蔵
    「ふむ  脳漿か」

    6
    「旨い」


    さらにご馳走を差し出すピクル・・・・・


    武蔵
    「ぴくる  少し話さんか」


    武蔵
    「これは土産にしたい」
    「後で必ず食う」
    「焼いて…」


    武蔵
    「徳川から聞いた」
    「一切喋れんと」
    「なのに話しにきた」


    『ピクルもまた 遠い~~時代からやってきた……』

    『自身と同じ境遇んびあることを徳川の口から聞いた』

    『(その仕組みはさっぱり理解らぬまま…)』
    7


    武蔵
    「喋ることすら出来ぬぴくる なのに逢いにきた」


    ピクル
    「…」


    武蔵
    「話せぬおぬしといったい何をしに…?」


    武蔵
    「それが理解る」
    「こうしているとその意味が実感る」

    8
    「無口なおまえだが」
    「思っていた通り――」


    武蔵
    「存分に話らえた」
    「長居した」
    9



    ■言葉なき濃厚な意思疎通!!


    →→続く

    このページのトップヘ