人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    ゴールデンカムイ 第129話 『五翼放射状平屋舎房

    ナレーション~

    表紙&巻頭先制パンチ!!


    (ゴンッ)


    杉元が見つかった見張りに先制パンチを見舞う

    見張りのランプが地面に落下する (ガシャッ)

    都丹庵士も他の見張りを背後から取り押える



    見張り

    「う~~っ」



    キロランケ

    「いきなり見つかってんじゃねーか」



    谷垣

    「都丹てめえ耳糞つまってんのか!?」

    「聞き逃してんじゃねえよバカ野郎」



    都丹庵士

    「うるせぇ!! テメエらこそランプの灯りを見逃してんじゃねえか!!」



    アシリパ

    「しぃ~~~~~~!!」



    キロランケ

    「ここはいいから行けッ」



    牛山

    「これで門倉部長は明日から無職のお尋ね者だな」



    キロランケ

    「幸先が悪い」



    監獄へ向かう

    都丹、杉元、白石、アシリパ



    ナレーション~

    【五翼放射状平屋舎房】



    700人以上の囚徒を収監できる建築物であり



    放射状に広がる5つの舎房の中央には

    全体を1箇所から見渡せるように六角形の中央見張り所がある


    門倉看守部長

    「舎房の夜勤は三人・・・」


    「作戦決行の夜は俺も三人の内のひとりとして当直に入るよう仕組んでおく」

    「勤務表を決める管理職だから出来ることだ」

    杉元

    「門倉さんが当直なら舎房の入口の鍵を開けとけば? 合鍵作っとくのもありだが」

    門倉

    「無理だ」

    「入口は見張り所の真ん前だ あそこから忍び込むのは危険すぎる」


    杉元

    「じゃあ俺達が押し入って他の看守を制圧するから開けろよ」


    門倉

    「抵抗されて一発でも銃声が響けば作戦は失敗だぞ」


    杉元

    「門倉が看守の銃に細工をしとけば?」



    門倉

    「出来ねえな」

    「常に凶悪犯に囲まれてる看守たちがお守りみたいに持っている銃だ」
    1



    杉元

    「『出来ねえ』じゃねえよ」

    「やるんだよ」
    2


    門倉

    「ああ?」



    土方

    「門倉には今後もここに残って情報を流してもらいたい

    内通者であるのがバレる方法は避けよう」



    白石

    「俺はよ・・・監獄に入れられると 『どうやって脱獄できるか』考える癖があるんだ
    どこに弱いところがあるのか建物を観察する」



    「網走監獄の場合・・・」

    「舎房のすべての窓には鉄格子がはめられているが」

    「ただ唯一 鉄格子のない窓がある」



    「天窓さ」

    「おそらく光を出来るだけ取り込みたいから鉄格子をつけてないんだろう」



    アシリパがロープを投げかけ、一行が屋根にあがる



    杉元

    「毛布を」



    アシリパ

    「枠ごと外せそうか?」



    白石

    「『脱獄』は手に入る道具が釘一本しか無い時もある」

    「それに比べりゃノコギリでも何でも持ち込めるんだから こんな楽なことはない」

    (ゴリゴリ)

    (ゴリゴリゴリ)



    門倉

    (音が漏れてるぞ)

    (メキメキメキッ・・・)

    見張り所の看守

    「・・・・・・」

    「今夜はほんとに風が強いですねぇ」



    門倉

    「ああ」



    (ガチャン)

    門倉

    「おっと」

    「あちゃ~俺の湯呑みが」



    「痛っ」



    看守

    「指切っちゃいました?」

    「大丈夫ですか?」

    「いいですよ門倉部長・・・片付けますから」


    門倉

    「ごめん」


    天窓から白石たちが舎房に忍び込む
    3

    第四舎 第六六房の鍵を白石が開ける



    杉元とアシリパも緊張する



    アシリパの回想~



    アシリパ父

    「アシリパおいで」



    アシリパ

    「アチャ(お父さん)・・・」



    ~回想終わり



    キロランケ

    「牛山・・・土方歳三はどこへ行った?」



    牛山

    「え? いないのか?」



    舎房内どこかの暗がりを進む土方の描写



    キロランケ

    「あやしいぜ あのジジイ」



    扉を開けて入るアシリパと杉元



    中にはのっぺら坊が座っていた



    アシリパ

    「・・・・・・  ・・・アチャ?」
    4



    「アチャなのか?」

    「私だアシリパだ」

    「小樽から会いに来た」


    杉元

    「白石マッチを・・・」



    白石がマッチをつける

    (シュッ)



    のっぺた坊

    「ア・・・」

    「アシ・・・」



    「あああああああ」



    「ああああああ」
    kamui129-7-331x500



    アシリパ

    「違う アチャじゃない」


    門倉が銃を放つ

    (ドオオン)

    「侵入者だ」

    杉元

    「門倉ぁ」
    6



    ナレーション~

    裏切り者の裏切り!!!!


    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    銀魂 六百四十七訓 「幻想(ゆめ)のむこう

    ■復讐の炎の中で…。

    解放軍「お…皇子!!」

    圓翔「きっ 貴様らァァァァ!!」
    1

    高杉は圓翔にトドメを刺そうと刀を振り下ろす

    高杉の視界がぐにゃりになり仕損ずる…

    圓翔はその隙に飛び上がり、靴底に仕込んでいた銃で高杉を狙う

    ドドドド

    走って逃げる高杉、しかし突然足がガクッとなり転んでしまう…

    高杉の身体中から吹き出す血…

    猩覚は高杉の様子を心配そうに見つめる…



    猩覚と武市が合流した後の回想――

    猩覚『参謀殿 応答願う』

    武市「猩覚殿!! そちらの様子は こちらはまだ誰も…」

    猩覚『おたくらの大将が見つかった』

    武市『ほっ…本当ですか!!』

    猩覚「…ああ 見つかった だが…」



    全身から血を流しながら目を閉じて横たわる高杉の姿…

    猩覚「もう奴は…」

    瀕死の高杉は手を上げ通信機をよこせと合図を出す

    高杉『武市か』

    武市「晋助殿!!」

    高杉『俺とお前が生き残るたぁ悪い奴程長生きするってのは本当らしいな』

    武市「きっと生きておられると信じていました お怪我は…!?」

    高杉「お前に心配されるとは俺も落ちたねェ

    こっちは問題ねェ それよりまた子の事を頼む

    あれは俺やお前とは違う 根っからの悪党じゃねェ 悪運は頼りにならねェよ

    なりゆきとはいえアイツをきっかけに鬼兵隊は生まれた

    何かあったら…万斉にどやされるぜ」

    武市「晋助殿」

    高杉「時間がねェ 俺達ゃ先にいく 頼んだぜ」



    猩覚は晋助の側に近寄ってくる

    猩覚「高杉 アンタ…」

    高杉「しらせる必要はねェ しる必要も

    まだ俺はくたばるワケにはいかねェ 立っていなきゃいけねェ

    奴等の信じた 高杉晋助であり続けなきゃいけねェ」

    猩覚「高杉ィィィィ!!」



    (知らせる必要はない?)

    解放軍兵士達が瀕死の高杉に襲いかかってくる

    (ただそこに立つだけで戦場を変えた英雄が)

    (本当はもう立つ事もままならねェ死に損ないである事をか)

    襲いかかってくる解放軍兵士達を仰向けの状態で応戦する高杉…

    (知る必要はない?)

    遠距離から銃撃される高杉だが、銃を撃っていた兵士達が爆発する

    (それでもまだ立ち上がろうとしている英雄達が)

    桂と坂本が援護する

    (本当は英雄でもなんでもない 他の連中と変わらないただの人間である事をか)

    快援隊などの味方もそれに続いて応戦

    (お前達は英雄を信じ戦う仲間のために 英雄として立ち続けてきた)

    (立ち続けなければならなかった)

    圓翔も立ち上がり残った右腕でビームサーベルを手に持つ

    (だが 本当は誰よりしっている)

    (英雄なんてどこにもいない事を)

    圓翔も最後の死力を尽くし高杉に斬りかかる

    (そんなもんはただの幻想であることを)

    (そして 幻想(ゆめ)はいつか必ずさめる)

    (お前以外もうとっくにさめてるよ)

    2


    一発の銃弾が圓翔に飛んでくる…圓翔がその先を見るとそこには…



    (お前の仲間が追いかけていたのは 英雄なんかじゃねェ)



    武市に肩を借り立っているまた子の姿が映る


    (ただの人間のくせにやつらの前で大見栄きってずっと立ち続けてきた)


    (ただの高杉晋助だ)

    また子「晋助様ァァァァァァァァァァァァァ」
    3


    (英雄なんて もういらねェだろ)
    4


    虚「火が弱まり始めていますね

    どうやら奴等はしくじったらしい

    だが何も心配はいらない

    あなたのその小さな火も無駄にはしませんよ

    全て飲み込み 私の火は燃ゆる」
    5


    高杉の渾身の一撃は圓翔の残った右腕と胴体を切り裂いた



    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    七つの大罪 第230話 「選ばれし戦士たち

    対峙するメリオダスとエスカノール
    1 (1)


    エリザベス
    「メリオダス・・・
    まさか暴走を———!?」

    マーリン
    「いや・・・
    あれはこれまでの暴走状態とは違う」
    1 (2)


    メリオダス
    「ハアァ!!」

    バン
    「団ちょ・・・!!」
    1 (3)


    メラスキュラ
    「もうおしまいよ・・・!!
    <七つの大罪>も・・・・・・
    この私も・・・!!!

    あのメリオダスは・・・
    <十戒>統率者時代
    <十戒>(わたしたち)ですら
    畏れた『殲滅状態(アサルトモード)』!!」
    1 (4)


    マーリンが結界を張る
    1 (5)


    マーリン
    「メラスキュラの魔力を破るために
    一か八か極限まで魔神の力を
    解放した結果なのだろうが——・・・

    感情を奪われた現状で
    するべき賭けではなかったな・・・バカめ」

    メラスキュラ
    「・・・
    い・・・」

    バンがメラスキュラに攻撃を仕掛ける
    しかしメラスキュラの溶解液を浴びてしまう

    エリザベスがバンを助ける

    そして、ディアンヌ、キングと攻撃を仕掛ける

    さらにエレイン、ゴウセルと攻撃をする
    最後にエリザベスがメラスキュラの
    魔力を吸い出す
    1 (6)


    ホーク
    「これがメラスキュラ?」
    1 (7)


    エリザベス
    「メラスキュラは魔界の強い瘴気を
    浴びつづけながら

    300年生きた毒ヘビが
    魔力を得たものなの・・・

    メリオダスに
    そう聞いたわ・・・」

    マーリン
    「フン」
    1 (8)


    マーリン
    「さすがだな姉々は・・・
    はっゴホッ」
    1 (9)


    メリオダスとエスカノール

    エスカノール
    「面白い変化です
    どうやら明らかにいつもの
    団長とは違う様子———

    私の言葉は
    通じていますか?」

    メリオダス
    「黙れ」
    1 (10)


    エスカノール
    「おこがましい」
    1 (11)


    激闘必死!!!
    メラスキュラを無力化し、
    残る脅威はメリオダスのみ!!
    傲慢なるその手で暴走を止めろ!!


    このページのトップヘ