人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!
食戟のソーマ 第211話 『絶対的裁定者』
田所「な…何するんだろうね あんな大きな鉄鍋を火にかけて…」

佐藤「幸平が打ったのって王道の二八そばだろ?あんな鉄鍋使わないよなぁ」

青木「あ、作るのは温そばでさ!その上に載せる具材でも調理するんじゃね?」

創真は鴨肉をそぎ切りして…熱した鍋に入れる

吉野「おわー!でゅわでゅわに脂が出て…すごいまろやかな香り!」

にくみ「透明感と深いコクをあわせ持った鴨特有の脂だ!」


そしてそこに長ネギも入れ、鴨の脂で焼いていく

青木「うっひょおぉ、あれだけでもぜってー白米が進みまくるぜ!」

創真「んじゃ仕上げ いきまーす」

そばを入れる創真

吉野と丸井「焼いたー!?」

アリス「え?ダメなの?ヤキソバはおもいきり焼いて作るじゃない!わたし縁日で見たことあるもの」

えりな「あれはそばという名前はついているけど…麺は小麦粉でできた中華麺だから、そばとは全くの別物なのよ」

榊「そうね…山口県名物の “瓦そば” なんかは茹でた後のそばを焼くけれど、あれは “茶そば” という変わりそば粉で打つ物だし…」

タクミ「たとえば江戸そばの老舗店へスタジエールに行き…今の幸平のようにそばを焼いたとしたら、一発で店から叩き出されるだろう
ss211-1

それほど幸平の調理は常軌を逸している」

麗「あ…相変わらず幸平創真が理解に苦しむ行動をとっていますが…会場の熱も高まってきたところでぇ、ここで審査員の方々をご紹介しましょーう♡」

秘書子「おぉ、審査員か たしかに重要だな」

イサミ「いったい誰に任せたんだろー…?」

すると…
ss211-2

分厚い本を持ってふらふら歩いてくる女の子「んっ〜ぬぅ〜 ふぅふぅ あぁ重かった」

創真「あ、あのおねーさん?大丈夫すか?いま俺たち調理中なんで…」

生徒達「お…おいっ、あれ見ろ!あの超分厚い本…!」「あれってまさか…!!」
ss211-3

泡を吹いて腰を抜かす丸井

ざわつく生徒達「すごい…!初めて生で見た」「食戟の審査でわざわざ日本まで!?」

創真「…え、もしかして知らねーの俺だけ?」

丸井「間違いない…彼らは本物のWGOの執行官だ!!」



WGO(ワールドグルメオーガニゼーション)

世界の美食店すべてに対し、最高三ツ星で味の評価をつけ

年に一度、その結果を書籍として発行する事を活動のメインに置く組織である

一ツ星でも獲得すれば、その料理人の地位は跳ね上がり

また逆に…莫大な営業利益を上げていながら星を失った事で、自信喪失し店を畳んだ料理人まで存在する

全ての料理人が尊敬し畏怖する組織…それがWGOなのだ!

その本は “教典(ザ・ブック)” と呼ばれ、現場で活動する実務メンバーは “執行官(ブックマン)” の異名をとる…!!


創真「ほぉー…!(四宮師匠が言ってたのはこの事か…!)」
ss211-4

さっきの女の子はWGO一等執行官・アン、男性2人は二等執行官のシャルムとイストワール

アン「もし…あなたの背中、食事処ゆきひら…?と書いてますね」

創真「え、あぁ実家でやってるメシ屋なんで… それがなにか?」

教典をぱらぱらとめくり…そのまま閉じたアンは哀れみの目で…
ss211-5

アン「気を落とすことはないですよ…

確かに… “教典に店名が載っていなければ料理店ではない” などと言う人々も多いです それは確かにその通りなのかもしれません

でも載っていないからといってそれが何ですか!これから載れるよう励む気持ちが大事なのです

教典に載っていなくてもあなたは命を授かり生きています…ご両親に感謝なさいね」

創真「(なんか…哀れまれた…!)」

創真「おいだいじょーぶなのか、あの人達が審査員でよ」

吉野「あほー!!失礼なこと言うなー!」

生徒達「そうだそうだ!幸平創真」「ただの定食屋風情が出しゃばってんじゃねえ!!」「お前の作ろうとしてる料理はただのB級グルメなんだよ!!」

「第一そんな思い付き料理でよくセントラルに勝とうと思ったな!!」「そうだ!!そんな料理が審査員の方々に認められるわけが…」

アン「お黙りなさい」

一言で静まり返る場内…

創真「…おぉっ(すげ…一瞬で鎮めやがった)」


アン「私が彼を馬鹿にした…コホン 彼を励ましたのは0星である事についてですよ」

創真「(馬鹿にしたって言った!)」
ss211-6

アン「ですが彼が一つの星も持っていない事実と、彼が今から出す一皿とはなんの関係も無いのです」

シャルム「その通り、審査基準はどこまでも皿の上…だからね」

イストワール「本日も…絶対的正当裁定を下すことを、神と教典に誓おう」

アン「というわけで食事処ゆきひらのあなた 今日は良き皿を作って下さいね」

創真「…偉そうなだけの人かと思ったら、いいこと言うじゃないっすか お待ちを!」

タレを入れる創真

青木「あれは!?醤油…?もしくは何かのタレ…?そばや鴨肉全体に回しかけ、絡めながら…一気に焼き上げてく」

田所「うわあ…!い…いい匂い〜!」

えりな「…敵のそばも茹で上がったようね」

麗「そして最後の工程…かきあげ作りへー!」


そして…

麗「紀ノ国寧々、幸平創真…両者完成しました

さぁ…我らが十傑サイド!寧々先輩の品から披露して頂きましょう」

生徒達「うお…」

反逆者達「おぉおお…!!」

麗「言葉を失うほど見事なそばの艶…!これが十傑が出す超一流の品です…!!
ss211-7

紀ノ国寧々の九割そば!!桜エビのかき揚げを添えて…!!

これよりいよいよ実食です!!果たしてその味はどれ程なのかー!?」