人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!
ワンピース 第867話 『HAPPY BIRTHDAY

押し掛け麦わら大船団物語Vol.4・キャベンディッシュ編

「人気ありすぎての罪でわずか74人の部下とわずか5億ベリーを渡され国外追放されたドン底人生」


振り下ろされたヨルルの剣…
2 (1)

しかしその剣を素手で折るリンリン

ヨルル「!?」

そしてリンリンはヨルルのひげを掴み…



カルメル「やめなさい!!リンリン!!」

ヨルル「おお!!」
2 (11)

ヨルルを投げるリンリン「セ〜!!ム〜!!ラァ〜!!」

頭から地面に打ちつけられたヨルルは倒れる…

巨人達「 “滝ひげ” 様ァ!!」「きゃあー!!」「ヨルル様ァ〜!!」

リンリン「セ〜ム〜ラァ〜!!」

カルメル「リンリン!!」
1 (1)

しかしリンリンは止まらない…

カルメル「セムラを用意できる!?」

巨人「村の食料庫に冬至祭用のが…」

2人がかりでリンリンを押さえる巨人達「リンリンを取り抑えろ!!」「村の火を消せー!!」

リンリン「アア”〜!!」

その時…

カルメルが燃え盛る火に近付いていく…

子供達「マザー何してるの!?」「危ないよー!!」

カルメル「下がっていなさい!!

“ゲブーア” 」

手から何かを出すカルメル
2 (12)

子供達「マザー!!」「あつ!!」

火に向けて放つカルメル「 “ツターク” !!」

すると…

巨人達「何だアレは」
2 (13)

カルメル「声を与える 従いなさい…!!」

火「…」

子供達「火に顔が…!!」「え〜ん!!」「悪魔みたい…!!」

カルメル「お前の名は “パンドラ” !!」
1 (3)

巨人「急げ!!リンリンにセムラを与えろ!!」

食料庫から持ってこられたセムラを食べるリンリン
2 (14)

カルメル「鎮まれ!!」
2 (15)

村に燃え盛っていた火が可愛くまとまる「ハイ、マザー」

巨人達「!!」「マザーが…奇跡を…」

カルメル「…いいえ 太陽の神が…全てを治めたのよ」

腹一杯食べたリンリンは仰向けに倒れて寝ている…



倒れているヨルル「裁け…アレを子供だと思うな…!!」

巨人達「ヨルル様!!」「手当てを急げ!!」

そこに…

寝ているリンリンに刃を向けるヤルル

巨人達「山ひげ様!!」

ヤルル「リンリン…!!」

リンリンの前に飛び出していくカルメル「どうかお慈悲を!!」

ヤルル「…止めるのか!?カルメル ヨルルは300年…共に戦った戦友…!!…この歳じゃ…奴はもう助からん…!!
1 (5)

長生きではない…!!死に様なのだ、戦士とは!!許される道はない」

カルメル「わかっています…!!でも許されなくても リンリンは他の子同様、全てに見離され “羊の家” に行きついた憐れな子

私が見捨てるわけにはいかないのです!!
1 (4)

私が…!!このコを連れてここを出て行きます!!」

ハイルディン「 “山ひげ” 様!リンリンを許してくれー!!エルバフの誇りはどこへ行ったんだ!!」

涙を流すヤルル「ならば早くわしの目の前から 消えてくれ…!!」

目を覚ましたリンリン「あれ?なにかあったの?滝ひげ様死んだの??」



巨人族の英雄ヨルルは死んだ…

“リンリンという悪神” ”カルメルの奇跡”

この日に起きた出来事は…

世界にわずかに点在する巨人族の国々にもつぶさに知れ渡った…



マザーと離れる事を拒む “羊の家” の子らと、今や巨人族の目の敵シャーロット・リンリンを連れて

マザー・カルメルはエルバフを後にする

1 (6)


新しい “羊の家” での暮らしが始まった

家を建てる巨人達「これでいいか?」

カルメル「充分よ」

巨人達「…正直、リンリンの顔はもう見たくねェが あんたは巨人族にとっても “聖母” さ、カルメル いつでも頼ってくれ…!!」

カルメル「ありがとう…」


…つのる子供達の不安を取り除こうと…カルメルは一層笑顔に努めた

数日を数える頃にはもういつも通り… “羊の家” には子供達の笑い声が響いていた

楽しそうに追いかけっこをするリンリンと子供達

“羊の家” の評判はこうだ

いかなる問題児も “聖母(マザー)” の奇跡の力で更正し、良き里親にめぐり会う…




世界政府の旗の下…

CP「…まさかエルバフを出るとは」

カルメル「そうしてでも “あのコ” を手放したくなかったのさ
1 (7)

よく考えな!5歳にしてエルバフの村を半壊させる程の逸材だよ!!」

CP「…しかしこの額は…」

カルメル「出せねェ筈ないよね?海兵なら将来の “大将” “元帥” クラス、CPなら天竜人達の最強の盾となるだろう」

CP「…」



カルメル「 “ガキ売り” 稼業50年 ウチにしたって歴代最高の商品だ!!37年前、海軍と一芝居うってエルバフに潜り込み

海軍初の巨人の海兵ジュン・ジャイアントが誕生したのも、アタシのパイプがあってこそ!!

“羊の家” でずーっとガキ共をダマし続け、2年に1度 イキのいい身なし子を政府に売ってあげてる

諜報部員にうってつけだろ?身なし子は足がつかない」

CP「わかった!!わかったよ!!金は何とかする」
2 (16)

身なし子売り、マザー・カルメル(闇の名 : 山姥)

「当たり前だよ…!! “聖母” 演るのも楽じゃねェんだ!!これを機に…ボチボチこの稼業から足を洗おうと思っててね

最後の商売だ…キッチリ払って貰うよ!!」


翌日…

カルメル「ウフフ♡今日は何のお歌を歌う!?」

子供達「ビンクスの酒〜♡♡」

カルメル「まあーそれは海賊達の唄よ?」

子供達「そうさ、おれ達いつか海賊になるんだ!!」

カルメル「(お前らは政府に売り飛ばすがな!)そう、カッコイイわね♡」

楽しく遊び…皆でご飯の用意をしたりで…

1日は終わり…

皆が眠った後、悪い顔をしているカルメル

そして別の日…

1 (2)
2 (17)

子供達「せーの!誕生日っ!!おめでとう〜!!リンリン〜っ!!」

涙とよだれを垂らして喜ぶリンリン「わーっ!!ありがとうー!!みんな〜!!」

子供達「リンリンの大好物セムラを積み上げてみんなで作ったクロカンブッシュだぞ〜!!」「おいしくできたかな〜!!」

リンリン「クロカンボッシュっていうの〜?おいしそ〜!!」

子供達「いっぱい食えよ!!」「たべてたべて♡」

リンリン「うん!!いただきまーす!!」

子供達「紅茶入れよう」「すげー食いっぷり!」

リンリン「え〜んうれしいよ〜♡おいしいよ〜♡」

子供達「たくさん食えよリンリン」



ある日、マザー・カルメルは突如姿を消してしまった

…それは人生で1番楽しかった…リンリンの誕生日…

境遇の似た大好きな “羊の家” の仲間達、大らかで優しい大好きなマザー

みんなの笑顔に囲まれて大好きな甘い甘いバースデーケーキを食べるとリンリンは涙が止まらなくなった

なんて素敵な日…涙で前が見えなくなった

今日はなんて素敵な誕生日!!

叫ぶリンリン「お〜いちぃ〜♡♡」
1 (8)


食べ終わったリンリン「はー…幸せ♡♡ムチューで食べて…机までカジっちゃった♡ウップ
1 (9)

みんな本当にありがとう!!おれ一生今日のこと…ずーっと…!!」

しかしリンリンの目の前には…
2 (18)

リンリン「…!!あれ?…みんな?…マザー?」


ある日、マザー・カルメルは突如姿を消してしまった

周囲を見渡すリンリン「どこにいったの…?あれ?あれれ?どこ?みんな…家の中?」

しかし家の中にもどこにもいない…

泣き出すリンリン「1人にしないでよ!!どこなの?ねぇ…マザー どうして急に…いなくなったの?どこへ行ったの!?」

2 (19)

ビッグ・マム「マザァ〜ッ!!」

ルフィ「ぐ…!!」