人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!
ブラッククローバー 第112話 『魔晶石(クリスタル)破壊バトルトーナメント』


1 (1)

ユリウスに肩を組み、ぱんぱん叩く謎の男「いや〜道すがらに困ってるお婆さんがいたんで

魔法騎士団として助けてたら遅くなってしまいましたスミマセン」

ユリウス「そうかー!お婆さんは無事かい?」

男「ええもうビンビン」

魔法騎士達「何だアイツ…!?」

マルクス「離れろ無礼者」
1 (2)

背後からのマルクスの攻撃を、前に飛び降りてかわす男「おっとー オイオイ危ねーな、いきなりどういうつもりだよ」




魔法騎士達「貴様がどういうつもりだー!!」「遅れて来た上、何という不遜な態度…!!」

ソル「魔法帝は姐さんが認める数少ない男だぞー!!」

アスタ「魔法帝に何してんだー!!」

ユリウス「まぁまぁみんな落ちついて」

男「あ、そーか…みんな魔法帝尊敬してるんだもんね…

けどオレは別に尊敬してねーから オマエらの価値観をオレに押しつけんじゃねーよ、モブ共」
1 (3)

ムカーっ…とくる魔法騎士達(アスタも)

男「まぁオレとオマエ、同じチームみたいだから仲良くやろーぜ」

アスタ「! …おう…!」

差し出された手を握ったアスタだったが…

アスタが手を開けると虫が…

アスタ「くっっっせえぇぇぇー!!」

男「キヒヒヒヒ クローバー王国で最も臭い虫、虹色カメムシだよ」

アスタ「ぐわぁぁぁ、七色の匂いが襲ってくる〜!!オマエ仲良くする気あんのかー!?」

男「あるワケねーだろ、オマエみたいな何も考えてなさそーなマヌケ面のテンションだけ高いバカ丸出しのうるせーチビと」

アスタ「なにをををを!!この…この何かカッコイイの口に巻いたヤツめ〜!!」

男「褒めてんじゃねーか」

アスタ「んがぁぁぁ!!オマエやる気あんのか〜!!ロイヤルナイツに選ばれに来たんだろー!?」

男「オマエはやる気だけしかなさそーだな キヒヒ

オレか…?オレはオマエらを茶化しに来たんだ」
1 (4)

アスタ「はぁ〜!?」

魔法騎士達「ザクス副団長ってあんな人だったのか…!?」

「噂と随分違うな…国境地帯とかに詰めてたから一部の人しか知らんしな」

ユリウス「…」
1 (5)

アスタ「すみませえぇぇぇん!!オレ、コイツと同じチーム嫌っス!!」



ユリウス「まぁまぁ、同じ魔法騎士団員同士仲良くしよう それよりみんな、チーム確認は済んだかな?」

国王「オイ、余のこと忘れてないか?」



Pチームはユノとノエル、エン・リンガードという人物




ユノ「(アスタといつも一緒のこの小うるさそーな女と一緒か…)」

ノエル「(アスタの幼馴染みとかいうこのスカした男と同じチーム…!?)」
1 (6)


Cチームはマグナとソル、キルシュ・ヴァーミリオンという人物

ソル「何だこのちっちゃいヤンキーは」

マグナ「テメーがデカすぎんだよガングロ女!」

ソル「何だと、その変なメガネカチ割るぞ!!」

マグナ「あ”ぁぁん!?テメーこそヘコまして地面埋めたろか」




Kチームはラックとクラウス、プーリ・エンジェルという人物

クラウス「(な…何ということだ…!自己チューの狂喜のラックと同じチームだとは…)」

手を差し出すラック「よろしくね!一緒に協力して頑張ろう!!」

驚くクラウス「え”ッ!?」



Eチームはフィンラルとレオポルド、ハモン・カーセウス




レオポルド「フハハハハ」

ハモン「オホホホホ」

フィンラル「(だ…大丈夫か!?このチーム!)」
1 (7)



Oチームはソリドとアレクドラ、デミトリ・プリントという人物




ソリド「気に食わねーが実力的には悪くねー…!」

アレクドラ「勝手な行動は慎めよ」
1 (8)

ユリウス「では試験のステージに移動しよう!コブ!頼んだよ!」

コブ「かしこかしこかしこまりました〜!」

空間魔法を使うコブ「ハイハイいってらっしゃいませ〜」

アスタ「おおっ!空間魔法」

試験のステージに移動した一同

アスタ「うおおおおー!!これがクリスタル破壊バトルトーナメントのステージー!!広っっ」

ユリウス「様々なエリアがあるこのバトルステージで皆それぞれ思う存分、力を発揮してくれ!そして事前に抽選で決めたトーナメント表はこれだー!!

バトルの勝ち負けが試験の合否に直結するわけではないが、勝ち上がっていくほど実力をアピールできる

せっかくだから皆、是非優勝を目指してくれ」



ノエル「…!!(いきなりソリド兄様のチームと…!!)」

ソリド「直々に引導を渡してやるよノエル〜!!」

フィンラル「…(一度勝ち抜けばランギルスと…!!)」

アスタ「(ユノのチームと当たるのは…最後か!絶対そこまで勝ち残ってやる!!いや、てゆーか優勝する!!)」

ユリウス「それでは1回戦始めるよ〜!」

アスタ「もうっ!?あッ、オレ達1回戦だっっ!」

ユリウス「対戦相手への攻撃はアリ…ただ当たり前だけど相手を◯しちゃいけないよ」

国王「余も目立たせぬか」

わくわくが止まらないユリウス「上級回復魔導士はスタンバイしてるから存分に闘ってねー!!」

オーヴェン「(アスタくん良かった…)」

ユリウス「それでは1回戦始めー!!」

アスタ達の相手はカータス、リック、フォルティという3名

「魔法帝にあのような態度…赦せん…!!」
1 (9)

アスタ「うおおおお!!テンション上がってきた〜!!やってやるぜぇぇぇ!!」

男「何ハシャイでやがる、これは試験だぞ 真面目にやれバカヤロー

地形の把握とか戦力情報の共有とかやることあるだろクソが」

アスタ「ぐぬ…ぐぬぬぬぬ…!!スーパー正しいこと言いやがってぇぇぇ」

男「オレはいつも正しいことしか言ってねーよクソチビ」

ミモザ「まぁまぁ、お2人共…(ぐぬぬしているアスタさんもカワイイですわ…)

ザクスさんの言う通り、まずはお互いの能力を把握して作戦を立てましょう!敵チームの方々もそうしてくるはず」

アスタ「おお、そーだなミモザ」

ミモザ「私は回復やサポートを得意とした植物魔法 アスタさんは近距離戦闘で力を発揮する魔法無効化のアンチ魔法…!

ザクスさんはどのような魔法を…?」

次の瞬間…

ボガァァァン
1 (10)

クリスタルに攻撃を受ける

アスタ「…な…なにいいいいー!?」

ピシ…とクリスタルに小さな亀裂が入る

ミモザ「(敵チームからの攻撃…!?こんなに早く…!?どこから!?とにかくクリスタルを避難させないと…!!)」

植物でクリスタルを移動させようとするミモザだったが…


もう一発飛んできた攻撃がクリスタルにヒットする
1 (11)

ミモザ「…!!また…!!(おそらくは遠距離から…それなのに的確に!!)」

アスタ「一体どうやって…!?」



敵チームは遠距離から…

1人が水晶魔法 “クリスタルスコープ” を駆使して位置を確認

「10時の方向に3メートル移動」



そして2人が、炎魔法 “バーストジャベリン” ・石魔法 “石の弩(ストロングボウ)” で協力して攻撃態勢をとっている
1 (12)

「了解!」「魔法帝を愚弄する不埒者め…貴様に活躍する機会など与えん!!」

三度攻撃を受けるアスタ達のクリスタル

アスタ「やべえええ!!このままじゃいきなり終わる〜!!3人で協力して…」

しかし…

横になって寝ている男
1 (13)

アスタ「(マジで何なんだコノヤローはあああああ!!)」

これにはさすがにミモザも “ぴき…” ときている