人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!

刃牙道 162話 『拳骨』

■もろに拳を食らった武蔵に花山は…!?

「おお~っ片手で…ッッ」

「あのサムライニュースで見たッッ」

「ケンカか!?」

「フンドシ一丁かよ!?」

「刀 差してね!? ホンモノ!!?」



顔面から流血している武蔵に花山は静かに問いかける

花山「オサムライ…まだやれるかい」

にい…っと笑みを浮かべる武蔵…

武蔵「ふむ おもしろいな…

続行を確認している

ふふ… ぬるい…」

その言葉を聞いた花山は再び拳を強く握りしめ振りかぶる!
1 (1)

巨拳…



再び

花山「!」
1 (2)
武蔵は花山の拳に刀を突き刺していた…!



「抜いたッッ」

「斬った!!!」

「拳 斬ってンじゃんッッ!!!」




腹を押さえダメージが残っていそうな雰囲気の武蔵
1 (3)
武蔵「拳骨を割るも…臓腑が捻くれとるわ……」


ググ…

武蔵「!」

ググ…グ…

武蔵「お?お!?」

拳に突き刺した刀を引き抜こうとしてもまったくビクともしないので困惑する武蔵

グ ググ…・

武蔵「おお~っっ」



巨拳… 三度……

刀が刺さっている方の拳で武蔵に顔面パンチ!
1 (4)

「うおおおおっ刀のまま殴ったァァッ」

「また飛んだ――ッッッ」

武蔵「(なぁ……)」

ゴロ ゴロ ゴロ ゴロ

武蔵「(拳骨の人…………弁慶とて…もっと非力だぞ……………)」




「徳川さん」
1 (5)

「内海さん」



「あれが花山だ」
1 (6)

「あれが花山だ」


■仇討ちの拳の強さ!!