人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!

刃牙道 176話 『 屠り去る』

■刃牙VS武蔵、死闘へ…  死闘目前ッッ!!

「コロす…?」
「なんか……刃牙さんらしくない言葉だ」
1

刃牙
「あまり言ったことないかもね」


「これは…」
「独歩さんが言ってたことなんだけど」


独歩
「あの宮本武蔵を名乗る男が」
「ホンモノかどうかって?」
2


独歩
「いいんだよ そんなこた ど~だって」
「肝腎かなめはよォ」

『奴の実力が十分にホンモノ並ってことだ!』
3


「―――と」

「実際に立ち合った独歩さんが」
「その実感を口にしたのも」
「軽い言葉ではない」

刃牙
「・・・・・・」

「その天下無双を」
「倒す とか 勝つ ではなく 殺すと?」
4



刃牙
「そう 殺す 葬る」
「葬り去る」

刃牙
「ありがとうございました」

刃牙
「いちゃいけないんだ あの人は」
5



場面は変わり・・・・・・・・・・・

刑事A
「入っちゃいましたよ…」


刑事B
「尾行は秘密裡に…って」
「こりゃムリだ」
6

刑事B
「こちら○1○○どうぞ」

無線
『こちら○○…○1どうぞ』

刑事B
「○1の現在地」
「×区×町×番地…」
「現在地のマンホールにて……」
7



場面は変わり…武蔵サイドへ……


下水道を歩く武蔵・・・・・・・
8


そこになぜかハブ
9

捕まえて食う武蔵。
10

武蔵
「琉球のはぶか…」
「蝮より旨い」
11


さらにはアナコンダ?にワニ……


武蔵
「ふむ」
「食い物にはこと欠かん」


ここで何かに気づく武蔵さん。


武蔵
「ふふ…」
「よく食うな……」
12


武蔵の背後には・・・・・・・


武蔵
「またでかくなったか ぴくる」
13


■異質同士、再会ッツ!!


→→続く