人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!

刃牙道 181話 『絶技』

刃牙の反撃、開始ッ!!
1


パ ン ッ


観客
「み…ッツ見えないッツ」
「ジャブか…ッツ!?」
「一パツで倒したッツ」


どお・・・・
2


克己
「違う…」


独歩
「ふむ…3パツだ」


海皇じいちゃん
「三つが一つにしか聞こえぬほどの」
「超高速の段打ち…」
3

4


渋川先生
「果たしてこの会場に――」
「今の刻み突きを3パツと知る者が何人いることか…」


・・・・・場面は変わり・・・・・・・・


ド ン ッ


ー ボブ・マンデン 伝説のガンマンである(1942年~2012年) ー


ー 職業 銃整備士 ー


ー 2メートル離した二つの風船を ー


ー 0.02秒で打ち抜くその2発の発射音は―― ー


ー 耳を凝らせて尚1発にしか聞こえない ー


ー 瞬きを凌駕するその速さ ー


ー ガトリング砲の連射速度に匹敵する ー


ー 早撃ちの際 持ち手に掛かる重力 実に10G ー


ー 「10G」とは ー


ー 戦闘機パイロットの身体的限界に相当する ー


ー そんな重力を支えられるのも ー


ー カードを縦に引き裂く驚異的握力とピンチ(指力)あってのことだろう ー


ー 刃牙が放ったジャブ上中下の三段打ち ー


ー 顔面 水月 金的 ー


ー 一拍子に同時3発速射 ー


ー さらには最速から初動するゴキブリダッシュは ー


ー 武蔵に間合いを潰させず ー


ー 加うるに… ー


ー 脱力を十分に効かせた―― ー


ー 手首から先端の操作によるフリッカージャブの初弾は ー


ー 武蔵の眉間を深く抉った ー


ー 以上 3種 現代格闘技術を ー


ー 同時多発駆使 ー
5


「見事…」
「見事な先端操作だ」


紅葉
「それもそうだが……」
「今……」
「刃牙さん……」
「なんか……」
「消え…?」


ー 戦国には存在しない技術… ー
6

ー 武蔵には…… ー

武蔵
「ふしゅ…」
「ふしゅる…」


ー 新しすぎたか? ー


武蔵
「少年(ボン)」
「たった今倒されていた際…」
「幾度かは仕留められたはず…」


刃牙
「へッ」
「そんな冒険はしないよ」


刃牙
(仕留めるなら――)
(動きながらがいい・・・・・・・)
7



武蔵
「はは…」
「有り難い」
「金的を上から叩いた」
「下から打たれたら」
「もう…終了っていた」


グ ン ッ

8



武蔵
「よし見えた」
「いざ組み打たん」

もみ もみ

■もうゴキブリ拳は効かない…ッツ。
9



→→続く