刃牙道

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 181話 『絶技』

    刃牙の反撃、開始ッ!!
    1


    パ ン ッ


    観客
    「み…ッツ見えないッツ」
    「ジャブか…ッツ!?」
    「一パツで倒したッツ」


    どお・・・・
    2


    克己
    「違う…」


    独歩
    「ふむ…3パツだ」


    海皇じいちゃん
    「三つが一つにしか聞こえぬほどの」
    「超高速の段打ち…」
    3

    4


    渋川先生
    「果たしてこの会場に――」
    「今の刻み突きを3パツと知る者が何人いることか…」


    ・・・・・場面は変わり・・・・・・・・


    ド ン ッ


    ー ボブ・マンデン 伝説のガンマンである(1942年~2012年) ー


    ー 職業 銃整備士 ー


    ー 2メートル離した二つの風船を ー


    ー 0.02秒で打ち抜くその2発の発射音は―― ー


    ー 耳を凝らせて尚1発にしか聞こえない ー


    ー 瞬きを凌駕するその速さ ー


    ー ガトリング砲の連射速度に匹敵する ー


    ー 早撃ちの際 持ち手に掛かる重力 実に10G ー


    ー 「10G」とは ー


    ー 戦闘機パイロットの身体的限界に相当する ー


    ー そんな重力を支えられるのも ー


    ー カードを縦に引き裂く驚異的握力とピンチ(指力)あってのことだろう ー


    ー 刃牙が放ったジャブ上中下の三段打ち ー


    ー 顔面 水月 金的 ー


    ー 一拍子に同時3発速射 ー


    ー さらには最速から初動するゴキブリダッシュは ー


    ー 武蔵に間合いを潰させず ー


    ー 加うるに… ー


    ー 脱力を十分に効かせた―― ー


    ー 手首から先端の操作によるフリッカージャブの初弾は ー


    ー 武蔵の眉間を深く抉った ー


    ー 以上 3種 現代格闘技術を ー


    ー 同時多発駆使 ー
    5


    「見事…」
    「見事な先端操作だ」


    紅葉
    「それもそうだが……」
    「今……」
    「刃牙さん……」
    「なんか……」
    「消え…?」


    ー 戦国には存在しない技術… ー
    6

    ー 武蔵には…… ー

    武蔵
    「ふしゅ…」
    「ふしゅる…」


    ー 新しすぎたか? ー


    武蔵
    「少年(ボン)」
    「たった今倒されていた際…」
    「幾度かは仕留められたはず…」


    刃牙
    「へッ」
    「そんな冒険はしないよ」


    刃牙
    (仕留めるなら――)
    (動きながらがいい・・・・・・・)
    7



    武蔵
    「はは…」
    「有り難い」
    「金的を上から叩いた」
    「下から打たれたら」
    「もう…終了っていた」


    グ ン ッ

    8



    武蔵
    「よし見えた」
    「いざ組み打たん」

    もみ もみ

    ■もうゴキブリ拳は効かない…ッツ。
    9



    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 181話 『喰らわば

    ■待ち望んでいたのに・・・!!

    ー 見渡す限りの ー


    ー 馳走ヶ原 ー
    1


    ー 食らっても・・・・・ ー


    ー 食らっても・・・・・ ー


    ー 飲んでも・・・・・・ ー


    ー 飲んでも・・・・・・ ー


    ー 終了りなき筈の「馳走ヶ原」 ー


    ー 食いも食ったり ー


    ー 一皿たりとも残されてなし! ー
    2


    ー この荒涼 ー


    ー まるで関ヶ原!! ー
    3


    武蔵
    「貴様が食ったかっつ」
    4


    刃牙
    「はい?」
    「・・・・・・・・何が・・・?」


    武蔵
    「ふふ・・・そういうことか・・・」
    「もう食われんと」


    刃牙
    「・・・?」


    武蔵
    「お前の飯など一粒たりとも残っちゃいないとっつ」
    5



    武蔵
    「自分はもうご馳走ではないっつ」
    「――とそう言うのだなっつ」
    「範馬刃牙っつ!!!」
    6



    刃牙
    「いや・・・あの・・・・」

    刃牙
    「マジで何言ってンのかワカんないンスけど」
    7


    武蔵
    「もういい」
    「毒を喰らわば皿までもっつ」
    「皿を喰らわば盆までもっつ」



    武蔵
    「盆を喰らわば人までもっつ」
    8


    武蔵
    「今から為す事もその結果起こる事もなんら変わりない」



    武蔵
    「刃牙・・・」
    「血の一滴までも啜りきろうぞ」
    9


    刃牙
    「・・・・・・」


    さあ、決闘、決闘・・・・・・・
    10


    『火器を除く 全ての武器使用が許されます』
    『中央に立てられたこの刀剣も使用 不使用 任意と見なします』

    11
    『尚・・・・これは御老公からのお言葉ですが』


    『この試合はどちらかが「勝つか」を決定るものです』
    『正々堂々はあくまでそれに次ぐものと理解されたい』
    『―――との事でした』
    12


    刃牙
    「・・・・・・・・・・」


    『はい?』


    刃牙
    「必要かな そのメッセージ」
    「「求道者」とは上べの擬態」
    「この人は史上最悪の反則魔だぜ」

    13
    「どう取り締まろうが」
    刃牙
    「正々堂々フェアプレーを踏みにじってくれるってッツ」


    14

    徳川
    「!」



    武蔵
    「いらぬ世話だ 徳川っつ」
    「少年(ぼん)の方がよほど理解っとるわっつ!!」


    刃牙
    (それにしてもさっきからこれ・・・・・・・・・・・)



    刃牙
    (これって・・・・・・・・・・・・・・・・・)
    (ええ~~~~~~~~~~~~~~~~~??)
    15



    刃牙
    (生クリームの?)
    (き・・・・・・宮殿!!?)



    『元の位置ッツ』


    ザ  ッ


    刃牙
    「あん(甘)・・・・まくて辟易しそうだぜ・・・・・・」
    16



    ■武蔵が”美味い”相手と・・・!?



    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 180話 『待望』

    ー 機は熟した ー


    世紀の決戦を見届けようと……
    1



    2

    ガイア
    「少し遠いのですが」


    本部
    「いや…」
    「「表情」も「気」も「思い」も」
    「この距離なら十分だ」


    ガイア
    「過不足なしと」


    本部
    「禁煙なのがチョットな…」


    独歩
    「見ねい克己」
    「日本刀の大小だけ」
    「使用う気満々だぜ」
    3


    克己
    「ここにあるということは」
    「剣を帯びずに出てくるということでしょうか」


    独歩
    「さあな」
    「ジェネレーションギャップが過ぎて読めねえや」


    (なんでだ…?)
    (大将の仇なのに…)
    (憎悪む気になれねェ・・・・・)
    4

    そんな中、武蔵登場・・・・・・・・
    5


    6

    オリバ
    「!」

    オリバ
    (噂に誘われて日本まで来たが)
    (噂通りの噂以上)

    7
    オリバ
    (こんな男が存在するのか!!!)
    8


    紅葉
    「早いな入場」

    「確かに…」


    渋川先生
    「ふふ 何を企むやら」


    ザ ッ

    突然座禅を組む武蔵・・・・・・・・
    9

    そんな中・・・・・

    刃牙入場。

    オ オ オ オ オ オ オ

    ワ ア ッ

    『パンッ』
    10


    刃牙
    「あれ」



    武蔵
    「少年(ぼん)」
    「何をしていた」
    「待ちくたびれたぞ」
    11


    刃牙
    「二ィ・・・・」

    武蔵
    「ん?」


    武蔵
    「ん~~~~~~~~~~~~~~~~!?」
    12


    ■刃牙に一体どんな変化が…!?



    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 177話 『 原始人とサムライ』

    武蔵
    「花山も巨体かったが」
    「ぴくるよ」

    1
    「飛び抜けとるなおぬしゃ……」


    ぴくる
    「……」


    武蔵
    「ふむ…」



    武蔵
    「特に…」
    「何をしにきたわけでもないんだが…」
    「会いにきた」


    場面は地上・・・・・・・・・・

    2

    刑事
    「桑田さん」
    「ひょっとしてここ…」
    「この辺りって…」


    桑田
    「なんだ 今ごろ気付いたのか」


    刑事
    「で…ですよね 「ピクル」っすよね」
    「!」
    「え!?--ってことは…」


    桑田
    「そういうことだ 原始人とサムライを会わせたい」

    3
    「誰かがお侍にこの場所を告ったワケだ」




    場面は地下…武蔵、ピクルサイドへ・・・・・・・


    武蔵・ピクル
    「・・・・・・・・」

    武蔵
    「これ…」
    「これを全部」

    武蔵
    「おぬし一人で食したと」
    4


    ピクル
    「・・・・」


    武蔵
    「火も使用わんと生で食らう」
    「骨だけ」


    武蔵
    「内臓もきれいさっぱりだ」
    「なるほど 強い訳だ」


    武蔵
    「これも…召し上がれと」


    ピクル
    「ニィ…」


    ぱも…
    5

    むぐ

    武蔵
    「ふむ  脳漿か」

    6
    「旨い」


    さらにご馳走を差し出すピクル・・・・・


    武蔵
    「ぴくる  少し話さんか」


    武蔵
    「これは土産にしたい」
    「後で必ず食う」
    「焼いて…」


    武蔵
    「徳川から聞いた」
    「一切喋れんと」
    「なのに話しにきた」


    『ピクルもまた 遠い~~時代からやってきた……』

    『自身と同じ境遇んびあることを徳川の口から聞いた』

    『(その仕組みはさっぱり理解らぬまま…)』
    7


    武蔵
    「喋ることすら出来ぬぴくる なのに逢いにきた」


    ピクル
    「…」


    武蔵
    「話せぬおぬしといったい何をしに…?」


    武蔵
    「それが理解る」
    「こうしているとその意味が実感る」

    8
    「無口なおまえだが」
    「思っていた通り――」


    武蔵
    「存分に話らえた」
    「長居した」
    9



    ■言葉なき濃厚な意思疎通!!


    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 176話 『 屠り去る』

    ■刃牙VS武蔵、死闘へ…  死闘目前ッッ!!

    「コロす…?」
    「なんか……刃牙さんらしくない言葉だ」
    1

    刃牙
    「あまり言ったことないかもね」


    「これは…」
    「独歩さんが言ってたことなんだけど」


    独歩
    「あの宮本武蔵を名乗る男が」
    「ホンモノかどうかって?」
    2


    独歩
    「いいんだよ そんなこた ど~だって」
    「肝腎かなめはよォ」

    『奴の実力が十分にホンモノ並ってことだ!』
    3


    「―――と」

    「実際に立ち合った独歩さんが」
    「その実感を口にしたのも」
    「軽い言葉ではない」

    刃牙
    「・・・・・・」

    「その天下無双を」
    「倒す とか 勝つ ではなく 殺すと?」
    4



    刃牙
    「そう 殺す 葬る」
    「葬り去る」

    刃牙
    「ありがとうございました」

    刃牙
    「いちゃいけないんだ あの人は」
    5



    場面は変わり・・・・・・・・・・・

    刑事A
    「入っちゃいましたよ…」


    刑事B
    「尾行は秘密裡に…って」
    「こりゃムリだ」
    6

    刑事B
    「こちら○1○○どうぞ」

    無線
    『こちら○○…○1どうぞ』

    刑事B
    「○1の現在地」
    「×区×町×番地…」
    「現在地のマンホールにて……」
    7



    場面は変わり…武蔵サイドへ……


    下水道を歩く武蔵・・・・・・・
    8


    そこになぜかハブ
    9

    捕まえて食う武蔵。
    10

    武蔵
    「琉球のはぶか…」
    「蝮より旨い」
    11


    さらにはアナコンダ?にワニ……


    武蔵
    「ふむ」
    「食い物にはこと欠かん」


    ここで何かに気づく武蔵さん。


    武蔵
    「ふふ…」
    「よく食うな……」
    12


    武蔵の背後には・・・・・・・


    武蔵
    「またでかくなったか ぴくる」
    13


    ■異質同士、再会ッツ!!


    →→続く

    このページのトップヘ