進撃の巨人

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    会議の続きから

    ピクシス
    「ならば・・・我々にはなんの大義があって
    レイス王から王冠を奪ったのだ?」

    一同
    「・・・」

    ヒストリア
    「公表しましょう」

    《街》
    新聞や掲示板で本当の事を知り
    世界の真実を知る人々
    皆がその内容に驚愕している

    6


    ハンジ、リヴァイたち

    スーツ姿のハンジ、リヴァイがロイ、ピュレの所を訪れている

    建物の2階の部屋の窓から新聞を手に持つ人々を
    リヴァイが見下ろしている

    4人が椅子に座りお茶を飲みながら話す

    ピュレ
    「人類を脅かす 人喰い巨人の正体は人間であり、
    我々と同じ祖先を持つ民族 【ユミルの民】だった

    ダウンロード


    我々の王は100年前にこの壁を築き、巨人の力で民衆の記憶を改竄し
    壁の外の人類は 滅亡したと思い込ませた

    だが人類は滅んでなどおらず、
    我々【ユミルの民】をこう呼んでいる

    悪魔の民族と

    近い将来、敵はこの土地の資源獲得を口実に侵攻を開始する
    それが5年前から始まった超大型巨人らの襲撃であると・・・

    もう記事は世に出た後ですが一連の話の信憑性は?」

    ハンジ
    「少なくとも、我々がずっと抱いていた疑問とは辻褄が合ってる
    そりゃ信じたくないですよ・・・そんな話・・・
    それで・・・街の反応は?」

    ロイ
    「・・・様々です
    そのまま受け取る者、笑い飛ばす者、
    未だ兵政権に異を唱え陰謀論を結び付け吹聴する者、
    あなた方が危惧した通りの混乱状態です」

    images


    ハンジ
    「あぁ・・・でも仕方ないよ 調査報告が我々の飯代だ
    情報は納税者に委ねられる
    そこが前の王様よりイケてる所さ」

    ハンジがお茶をズズッと飲む

    ハンジ
    「ああ・・・」

    ロイ
    「あなた方を誇りに思います、
    同じ壁に生きる者として、または・・・働く者として」

    ハンジ
    「・・・どうも」

    リヴァイ
    「あぁ・・・今度は調査兵団を担いで記事を書くといい」

    90810hange


    ロイ
    「・・・私達はこれからどうなります?
    私達が巨人を恐れ、憎み、どうかこの世から消えてなくなれと
    願ったのと同じように、
    世界中の人々が我々を人ではなく
    有害な化け物とみなしたその結果
    あの地獄が繰り返されるのだとしたら・・・」

    ティーカップに添えたロイの手が小刻みに震えている

    ロイ
    「我々が死滅するまで地獄は・・・終わらない」

    そう言って俯くロイ

    授与式

    ヒストリアの授与式の準備を待っているエレン達
    そこへヒッチがやってくる

    ヒッチ
    「やぁ、壁の英雄達よ」

    ジャン
    「・・・ヒッチ、来てたのか」

    ヒッチ
    「あんた達が勲章もらうの見に来たんだよ
    一応、私も政変の立役者の一人なんだからね」

    ジャン
    「そうか・・・」

    気まずそうな顔のエレン、アルミン、
    ミカサ、ジャン、フロック


    ジャン
    「・・・・マルロは、最期まで勇敢だったよ」

    ヒッチ
    「・・・うん」

    ジャン
    「そうだろ、フロック話してやれ」

    フロック
    「あぁ・・・ マルロ・フロイデンベルクは
    オレと同じ急募入団の新兵で・・・
    その中でも俺達をよくまとめてくれた

    ・・・現場は絶望的で調査兵団は全滅寸前まで追い詰められた
    みんな怖気づいてどうにもならなかった時も
    あいつだけは仲間を鼓舞し続けた」

    ヒッチ
    「・・・へぇ」

    虚な目のヒッチ

    フロック
    「あいつは凄い奴だったよ」

    ヒッチ
    「知ってる・・・だから私の言う事なんて
    聞かないんだろうね」

    フロック
    「・・・」

    エレンがアルミンに言う

    エレン
    「オレには分からないな正しい選択なんて
    未来は誰にも分からないハズだ

    大体・・・お前は見たのかよ?壁の外を・・・
    壁の外には何があるんだ?」

    アルミン
    「・・・海」

    エレン
    「・・・そうだ・・・海がある でもまだ見てないだろ?
    オレ達はまだ何も知らないんだよ
    炎の水も、氷の大地も、砂の雪原も

    可能性はいくらでも広がっている!
    きっと壁の外には自由が・・・」

    c4521c7c-s



    だがその時、エレンの脳裏にフェイ(グリシャ妹)が犬に
    食い殺された記憶が流れる

    エレン
    「・・・」

    固まってしまうエレン

    その時、リヴァイが言う

    リヴァイ
    「オイ、ガキ共、 時間だ、並べ」

    王宮に大勢の人たちが集まっている。

    2


    エレン達は女王さまの前に膝まついている。

    1


    自由の翼の絵入りのループタイをヒストリアが手に取る

    生き残った調査兵団に授与していこうとする

    一番最初のループタイはハンジの首に賭けられる

    ハンジは授与された後、ヒストリアの手の甲にキスをする

    授与が進む中、エレンが思考する

    エレン
    (地下室にあったものは何だ?
    希望・・・だったのか?それとも絶望か?

    敵は果てしなく強大だったこのまま何も変わらなければ
    またあの惨状が繰り返される

    何かを変える事が出来るなら自分のいのちぐらい幾らでも
    捧げてやるのに)

    エレンの隣のリヴァイがヒストリアの手の甲にキスをする

    エレンの前に来るヒストリア
    ヒストリアの顔を見上げるエレン

    エレン
    (ヒストリアを犠牲にする覚悟が無い・・・
    どうすればいいこんな事・・・誰にも・・・)

    ヒストリアがエレンの首にループタイをかける

    ヒストリアの手の甲にエレンがキスする

    その時、グリシャの記憶がエレンの中に流れ込んでくる

    グリシャ記憶

    礼拝堂にいるレイス一家をグリシャが訪れた時の描写

    グリシャ
    「私は壁の外から来たエルディア人
    あなた方と同じユミルの民です
    壁の王よ!!
    今すぐ壁に攻めて来た巨人を殺して下さい!!
    妻や子供達が!!壁の民が食われてしまう前に!!」

    グリシャの話にフリーダは最初冷や汗を浮かべていたが
    次第に冷たい目で見始める

    記憶終了

    女王の手を取るエレン。

    その表情がこわばる。

    3



    海にいるエレン達

    あの壁外調査から6年後
    再び壁外調査に出かける調査兵団

    そして、あの壁に到着し・・・エレン達が海に到着する

    洗い物をしているミカサとアルミン。

    ミカサ
    「ひっ」

    ダウンロード (2)


    ミカサの表情を見て、
    心が和むアルミン。
    4


    アルミンがエレンに話しかける。

    アルミン
    「ねえ・・エレンこれ見てよ
    壁の向こうには・・・」

    エレン
    「海があって
    海の向こうには」


    エレン
    「自由がある
    ずっとそう信じてた・・・」

    5


    みんなエレンの言葉に耳を傾けている。

    海を指差して言うエレン。

    エレン
    「自由になれるのか?」

    a6a2311e-s


     →→続く

    グリシャナレ
    当局の兵士が弾を撃ち尽くす頃、巨人となったフクロウは蒸気船を粉々に砕き海へバラ撒いた
    程なくして当局の兵士は皆、果実を搾りかすのようになり海に投げ入れられた

    最後に残ったマーレ兵はグリシャを拷問した眼鏡

    巨人化クルーガーにより潰され海へと投げ入れられる

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-15

    グリシャナレ
    【海】とは何かを説明しなければならない【海】とは地表の七割を占める広大な塩水である我々は搬送したマーレ治安当局の蒸気船・兵士の持ち物彼らがこの島に存在した全ての痕跡は海に飲み込まれ消滅した

    海に立っている巨人化クルーガーを壁の上から呆然と見ているグリシャ

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-16-d72d6

    形あるものはいつか消え形ないものだけが続いて行く

    巨人化クルーガーが岸に上がり巨人化を解く

    階段を上がって壁の上まで来るクルーガー

    クルーガーがナイフを使ってグリシャの後手の縄を切る

    クルーガーが鼻血を流す
    ハンカチで拭き始める

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-17

    グリシャ
    「・・・」

    クルーガー
    「・・・何か聞きたい事は無いのか?」

    グリシャ
    「…分からない何から聞けば…いいのか」

    クルーガー
    「悪いがそんなに時間は残されてない」

    鼻血が付いたハンカチを見るクルーガー

    グリシャ
    「…フクロウ あんたは何者だ?」

    クルーガー
    「俺は【エレン・クルーガー】
    今見せた通り【9つの巨人】の1つをこの身に宿している
    つまりはお前と同じ【ユミルの民】だ」

    グリシャ
    「マーレ人に成りすまし当局に潜入したのか・・・?
    すると血液検査はどうした!?」

    クルーガー
    「医者に協力者が1人いれば済む話だ
    その医者も診療録を偽造しマーレ人に成りすましたユミルの民だ

    医者は諜報員に向いている

    それなりの教養と立場があり
    【巨人化学】の応用に必要な知識がある

    実際、お前はよくやってくれた若くして復権派を統率し
    ダイナ・フリッツとの間に子宝を儲けた

    そのジークをマーレの戦士に仕立てる目論見も

    俺の後ろ盾を考慮すれば十分現実的な計画だった

    結果こそは・・・グライスが嘆いた通りだったがな」

    グリシャ
    「その通りだ…俺は…ダメな父親で
    ダメな夫で…ダメな男だった…

    なのになぜ…俺だけが人の姿のまま
    ここにつっ立っているんだ…

    ダイナは…王家の血を引くユミルの民は特別だ
    巨人の力の真価を引き出す

    そんなのマーレの歴史教科書で習った
    エルディア人の子供でも知ってる史実だぞ?

    お前がそれを揉み消したりしなければ…
    ダイナは少なくともここで我を失う化け物にされずに
    済んだはずだ…」

    クルーガー
    「…その通りだ」

    グリシャがクルーガーの襟首をガッと掴む

    グリシャ
    「答えろフクロウ!!なぜ俺だけ生かした!?」

    グリシャの両手の指はマーレの拷問により失っている
    ジュワッと血が滲む

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-30クルーガー
    「よせ、指が痛むだろう」

    グリシャ
    「…!お気遣いに感謝するよ…!
    人の指をちょん切るのは気にならないらしいがな…!」

    クルーガー
    「…」

    グリシャ
    「なぁ?…あの巨人でもっと早く暴れてくれれば
    皆も巨人にされずに 済んだんじゃないのか?

    なぁ!?あんたは何がしたかったんだ!?

    俺達エルディア復権派は何のためにここで
    巨人にされたんだ!?」

    その時、クルーガーの足がガクガクと震え出し
    地面に膝を付いてしまう

    グリシャ
    「!?」

    息が上がっているクルーガー

    グリシャ
    「…どうした!?あんた…さっきから顔色が…」

    クルーガー
    「同胞…だけじゃない…
    何千人ものユミルの民の…指を切り落とした

    何千人もここで… 巨人にしてきた
    女も子供もだ
    全ては…エルディアの為だったと信じてる…」

    口から血を流しながらそう話すクルーガー

    グリシャ
    「…」

    グリシャが地面に膝をつきクルーガーを診ようとする

    グリシャ
    「とくかく…診せてくれ」

    クルーガー
    「いい…これは分かっている」

    グリシャ
    「…」

    クルーガー
    「時間が無い…グリシャ…
    お前に最後の任務を託す
    他の誰かではなくお前にだ」

    口の血を拭いながらそう言うクルーガー

    グリシャ
    「…」

    グリシャ、クルーガーが壁の上に座りながら話す

    クルーガー
    「あの日…初めてお前と会った日…
    俺が呼び止めてなければお前は妹を助けられたかもしれない」

    グリシャ
    「…俺も殺されてた可能性の方が高かったと思うが…」

    クルーガー
    「そう言ってくれると助かるが…いずれにしろ、あんな事が無ければ
    お前はここまでマーレに強い憎しみを抱く事は無かっただろう」

    グリシャ
    「…それが…俺を選んだ理由か?」

    クルーガー
    「それもある 敵国、父親、自分
    お前の目に映る憎悪はこの世を焼き尽くさんとする
    ばかりだった
    かつては俺もそうだった」

    グリシャ
    「…」

    クルーガー
    「大陸に留まった王家の残党は革命軍となり、父はその一員だった
    しかし革命軍は何も成し遂げることなく
    皆その家族と共に生きたまま焼かれた」

    背景にはマーレ兵達により、生きたまま焼き殺される

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-9クルーガー
    「幼かった俺はその様子を戸棚の隙間から
    見ている事しかできなかった
    ただただ恐ろしくてな」

    背景には戸棚の隙間からその様子を見ている幼いクルーガーの描写

    e980b2e69283e381aee5b7a8e4baba20e3838de382bfe38390e383ac2088e8a9b189e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-31-66ae0クルーガー
    「家が焼け崩れる頃に父の仲間に救われ…
    それ以来、マーレへの復讐とエルディアの復権を誓った

    だが俺が実際にやった事は救うべき同胞の指をつめ…
    時には皮を剥ぎ
    ここから蹴落とし巨人に変える事だ」

    背景には壁からエルディア人を蹴落としているクルーガーの描写

    クルーガー
    「それに徹した結果、今日まで正体を暴かれる事はなかった」

    グリシャ
    「…(汗」

    クルーガー
    「…俺は未だあの時のまま 戸棚の隙間から世界を
    見ているだけなのかもしれない…」

    グリシャ
    「…教えてくれフクロウ…俺に残された任務とは何だ?」

    クルーガー
    「…これから壁内に潜入し【始祖の巨人】を奪還しろ」

    クルーガー
    「俺から巨人を継承しその力を使ってな」

    進撃の巨人 ネタバレ 88話89話 最新画バレ画像-18.jpg

    グリシャ
    「・・・何だって?じゃあ・・・あんたは・・・」

    クルーガー
    「巨人化したお前に食われる
    巨人の力無しに壁まで辿り着く事は出来ない
    同じようにして【始祖の巨人】の持ち主から力を奪え」

    グリシャ
    「なぜあんたがやらない?」

    鼻血出すのは割とヤバイフラグ
    9つの巨人の寿命は13年

    クルーガー
    「【9つの巨人の力】を継承した者は13年で死ぬ
    俺が継承したのも13年前になる」

    レイス家も13年ごとに代替わる

    回想終了

    このページのトップヘ