マギ

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    マギ 第361夜 「最後の一撃

    極限を超えて---…放つ!!


    アリババ「礼節と厳格の精霊よ……

    汝が王に力を集わせ……地上を裁く大いなる…業火をもたらせ!!」

    紅玉「あれは……まさか…!!!」
    1 (1)

    「極大魔法!!!」


    感情を灼き尽くす、渾身の一撃!!?


    炎彰「なるほど…最後の一撃にすべてを託すか……撃ってみるがいい!!」


    先程のアリババとの会話を思い出す紅玉

    アリババ「決めたぞ…」

    紅玉「えっ、何を?」


    紅玉「決めたって…こういうことだったの……!?アリババちゃん!!?」


    炎が紅玉達の方へ迫てくる

    兵達「なんて炎だ…!!」

    青秀「来やがれ…!!」

    紅明「陛下、後ろへ。」

    アリババ「極大魔法『炎宰相の裂斬剣(アモール・アルバドール・サイカ)』!!!」

    紅玉「!!!」

    目を閉じる紅玉
    1 (2)

    次の瞬間、炎が上空の巨大魔方陣にドゴッとぶつかる

    兵達「!?」

    アレキウス・紅明「!?」

    紅玉「………
    …えっ!!?」

    驚く一同

    巨大魔方陣が焼け、ジュウゥゥ…と音を立てている

    炎彰「外した!ばかめ、どこを狙っているんだ!?」

    その時、巨大魔方陣から先の尖った黒い柱が現れ、炎彰に迫る

    アラジンが炎彰の目の前に現れ、黒い柱を剣でズバッと斬る

    炎彰「なんだと?」
    1 (3)

    アリババは衝撃でドッと地面に叩きつけられる

    血を流し、震えながらも、起き上がって人々に迫る黒い柱をズバッズバッと斬っていくアリババ

    青秀・楽禁「こいつ…」

    炎彰「こいつ…まさか…」

    「俺たちではなく…あくまでも聖宮の使者のみと戦うつもりか!!?」

    巨大魔方陣から出現する、無数の柱と戦っているアリババ

    アレキウス「ばかな!! なんのために!?」

    「わからん…やはり、頭がおかしくなってしまっているのだろう……」

    紅玉「………………」

    必死に戦うアリババを見ている紅玉

    紅玉「(おかしくなってしまっている?
    本当に?
    本当にあれが………正気を失ってしまった人の姿なの…!? 違う気がする……
    なぜ戦うの!!? そんなにボロボロになってまで…
    それでも必死で…… 戦うのは……
    戦う理由は…!!?)」

    アリババがエリオハプトの人々に迫ってきた柱を剣で斬る

    そして右手をスッとあげる


    紅玉の脳裏に、過去の場面が浮かぶ

    紅玉「私がやらなきゃ!」


    紅玉の背景が真っ黒になる

    アリババを見ている紅玉

    紅玉「………………
    ……………………」

    紅明・兵達「……!!?」

    「煌帝国のために…」
    「煌帝国のために!」
    「煌帝国のために…」
    「煌帝国のために…!!」
    「煌帝国のために!!」
    1 (4)

    「レーム帝国のために!!」
    「レーム帝国のために…!!」
    「レーム帝国のために!!」
    「レーム帝国のために…!!」
    「レーム帝国を守るために」

    アレキウス「…………!!」


    アリババ「戦う理由は自分で決めなきゃ、 胸を張って生きられない。」

    紅玉の目から涙がこぼれ落ちる

    紅玉「ルフへ還ろう…」

    ボソ…とつぶやく紅玉

    紅玉達が鎖に繋がれている描写

    人々「共にルフへ還ろう……… 共にルフへ還ろう……!!」

    アリババ「でもおまえらみんな、何か大事なもののために、自分で決めて命がけで戦ったやつらだろう?

    本当にいいのか? 運命の言いなりで全部投げ出して… 本当にいいのか………………」

    アリババ「自分の頭で考えてくれ!!!」
    1 (5)

    叫ぶアリババ



    ダビデ「ハハハ!!」

    ダビデ「無駄だよ!!『運命』はそう単純なものではないのだから…なぁシンドバッド?」

    1 (6)

    滅びへ、突き進む。万難が、押し寄せる。

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    マギ 第356夜 「引導

    勝敗を決するのは剣技の腕前!極限師弟対決!! 守るべき相手との死闘!!


    エリオハプト

    アリババとシャルルカンが戦っている

    シャルルカン「流閃剣(フオラーズ・サイカ)!!」

    シャルルカンが剣から鞭のような技を出す

    アリババ「アモンの剣(アモール・サイカ)!!」

    アリババが剣から炎を放つ
    1 (1)

    双方の攻撃が互いに向かっていく

    その時、上空からピカッとビームが落ち、アリババの炎が消える

    アリババ「!!」

    ババが上空を見上げると、アンビスとホルメスの姿があり、アンビスが両目からビームを出している



    アールマカンの眷属 アンビス
    1 (2)
    アンビスの目がピカッと光り、再び両目からビームを出して、アリババを攻撃する


    アールマカンの眷属 ホルメス
    1 (3)

    ホルメスが翼の羽根をドドドッとアリババに放ち、攻撃する

    アリババが羽根を回避し、羽が地面に突き刺さっていく

    アリババが剣を振るい、ホルメスに向かってゴゥッと炎を出す

    が、炎は上空のホルメスには届かない

    人々「いいぞ!敵の炎は届かない!我らが王が優勢だ!」

    おおおっと歓声をあげる人々


    ホルメス「王が仰しゃられた通りだ。」


    シャルルカンの言葉を思い出すホルメス

    シャルルカン「距離をとれ。見たところアモンの炎の射程はそう長くねえ。1対1の戦いに持ち込ませなければ、俺たち眷属器使いでも金属器と戦える!」



    アンビス「そしてマギの少年は…聖宮の使徒らを止めるのに手一杯。」

    アラジンの方を見ながら話すアンビス

    迫ってくる無数の天使達を魔法で阻止しているアラジン

    シャルルカンと戦っているアリババを見るホルメス・アンビス

    ホルメス・アンビス「(まずは我々3人で、この金属器使いを倒す! やつが体勢を崩したが最後。一気にたたみかける!)」


    戦いながら思いを巡らすアラジン・アリババ

    アラジン「………
    (アリババくんの作戦はうまくいくかな?)」

    アリババ「(やっぱり距離を取られるか…頼むぜアラジン!)」



    シャルルカンが剣をかまえ、アリババに蛇のような技を出す

    その向かってくる技をアリババは回避していく

    更にシャルルカンが剣から複数の攻撃を放ってくる

    アリババが飛んでくる攻撃に剣を当てて軌道をずらし、回避する

    軌道がずれた攻撃はアリババの背後の地面にぶつかる

    ギンッと鋭い目つきで剣を構えるアリババ

    剣を構えるアリババにシャルルカンが鞭のような技を放つ

    アリババは攻撃を回避していく

    アリババとシャルルカンの戦いを見ているアンビス・ホルメス

    アンビス「勝てる!敵は防戦一方ではないか! 剣技でエリオハプトの王に勝てる者など、どこにもおらぬわ!」



    シャルルカン「(…… いや…)」

    剣をふるいながら、思いをめぐらすシャルルカン

    シャルルカンの鞭のような攻撃を回避していくアリババ
    1 (4)

    アリババは真っ直ぐな目でシャルルカンを見ている
    1 (5)

    汗一つかいていないアリババに対し、シャルルカンは大量の汗をかいている

    シャルルカンの顔からタラ…と汗が流れ、剣を握る手に滴る

    シャルルカン「(………
    1 (6)

    もう、アリババの剣の腕の方が上だ。
    金属器と眷属器の差じゃねえ。冗談じゃねえ。どんな修行をしたらこんな動きができるんだ?
    認めたくねえ。でも俺にはわかるんだ…)」

    汗を流し、苦しそうな表情のシャルルカン

    シャルルカン「わからねぇのは… おまえのその目はなんだ?)」


    真っ直ぐな目でシャルルカンを見つめているアリババ

    シャルルカン「何を訴えかけている!? その気になれば終わらせられる戦いを続けてまで……」

    剣を振り上げるシャルルカン

    シャルルカン「なぜ…ルフに還るのを邪魔するんだ、アリババ!!?」

    シャルルカンが剣を振り下ろし、攻撃を放つ
    1 (7)

    シャルルカン「なに!?」

    アリババの魔装がフッと解け、倒れていく

    アンビス「とった!」

    ホルメス「いやまだだ、確実にとどめを…」

    アンビス・ホルメス「刺す!!」
    1 (8)

    アンビスとホルメスがアリババに向かっていく

    その時、アラジンが慌てて手を挙げ、魔法を唱える

    アラジン「転送魔法陣~!!」
    1 (9)

    フッと消えるアンビス・ホルメス

    人々「…………」「えっ…」「…ええっ!?」

    驚愕する人々

    アリババがむくっと起き上がる

    シャルルカン「てめえ!死んだふりかよ!2人をどこへやった!?」

    アリババ「大丈夫、良心的な場所です…」



    平和な場所に転送された様子のアンビス・ホルメス

    シャルルカン「(こいつ…どうするつもりだ?)」

    アリババ「師匠…」

    震えながら、立ち上がり、シャルルカンに向かって剣を構えるアリババ

    シャルルカン「!!」

    人々「!?」
    1 (10)

    アリババ「稽古つけてください! 俺、修行して剣の腕磨いてきました!」

    シャルルカン「なんだと…!?」

    周囲がシン…と静まりかえる

    人々が固唾を飲んで2人を見守っている
    1 (11)

    シャルルカン「(俺に引導を… 渡すつもりか。
    違う。もっと別の何かを渡そうとしている。 こいつは本気で…!?)」
    1 (12)

    シャルルカンを真っ直ぐ見つめるアリババ

    アリババ「師匠はルフには還させません。」

    シャルルカン「なぜだ?」

    アリババ「理由はただ1つ………………」

    人々やアラジンがアリババの言葉を聞いている
    1 (13)

    アリババ「それが自分たちで考えて出した答えじゃないからです。 あなたは、俺がやりたかった夢を果たした人です。
    俺も王として、自分の国を守りたかった。
    あなたも、王として自分の国を守ると言っていた。それはルフに還すことじゃねぇ。
    だから……今は信じて俺に託してください!」


    シャルルカン「………… …………」

    シャルルカンの体に呪縛の鎖が見え、そのまわりを白ルフがピィィッっと舞っている

    剣を構えるシャルルカンの腕がピクッと動く

    次の瞬間、シャルルカンが一気に距離を詰めていく
    1 (14)

    シャルルカンがアリババに向かって剣を突き出すが、アリババは瞬時に回避し、シャルルカンの背後から首の後ろをトンッ!と剣で叩く

    驚愕し、頭をかかえる人々

    倒れていくシャルルカンをアリババが支える

    アリババ「師匠!」

    シャルルカン「つ…強くなったなァ… アリババ…」

    そう言ってアリババに笑いかけるシャルルカン

    アリババ「少し休んでください。 起きる頃には全部決着をつけておきますから!」

    シャルルカンに笑顔を向けるアリバ

    その顔を見て、一瞬静止した後、少し笑顔になるシャルルカン

    シャルルカン「…お前が正しいかは…わからねぇが…信じてやる…
    でもいいか…!」

    小刻みに震えながら話すシャルルカン

    シャルルカン「俺が起きた時…エリオハプトがめちゃくちゃになってたら…!ぶっ殺す…」

    ガクッと気を失うシャルルカン

    アリババ「はい…」
    1 (15)

    アリババとシャルルカンを微笑みながら見ているアラジン


    アリババ「守ってみせます!」


    ルフは書き換えられても、通ずる師弟の絆。次号、世界の運命はさらに加速!!

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    マギ 第354話 「地上を守る戦い

    世界中の人々を---敵に回す戦いが始まる。
    聖宮からの使い、急襲!! ルフに還させない…緊迫の防衛戦!!!



    回想するアラジン
    1 (1)



    「確かに俺はルフを書き換えた。人は頼るべき光が分散しては迷ってしまう」「だから俺はそれを一つに統一したんだよ」

    「共にルフへ還ろう!!」

    「共にルフへ還ろう!!」

    「共にルフへ還ろう!!」

    「共にルフへ還ろう!!」

    「共にルフへ還ろう!!」



    アラジン・アリババに天使達が剣で襲いかかる

    アラジン・アリババは天使達の剣を回避する

    天使達は空中にフワッと浮き上がっていき、上空から一気にアラジン達に襲いかかる
    1 (2)

    アラジン「「力場停止(ゾルフ・メドウン)」!!!」
    1 (3)



    天使達の目の前に透明の壁ができる

    天使達は壁にぶつかり、ビタッと空中で静止する

    白龍が植物をシュルシュルと天使達に巻きつける

    白龍「降龍木蓮衛(ゼウグ・モバレーゾ)!!!」
    1 (4)

    植物が天使達を串刺しにしていく

    アリババ「「アモンの轟炎剣(アモール・ゼルサイカ)」!!!」
    1 (5)

    串刺しになった天使達が一気に炎に包まれていく

    そして次の瞬間、天使達がバァァンと爆発する
    2 (1)


    ジュダル「こいつら大したことねぇな。俺たちだけでじゅうぶんやれるぜ!」
    1 (15)

    アラジン「でも…ルフたちはまだ西側へ向かっている?」

    白龍「異変はさらに西でも起きているんじゃないですか?」

    アラジン「パルテビアやエリオハプトの方だ!」

    白龍「アラジン殿、アリババ殿、行ってください!ここは俺とジュダルで食い止めます。」

    アリババ「白龍、頼んだぞ!!シンドリアを…!!」
    1 (6)

    アラジン・アリババがフッと消える


    ジュダル「なんで俺たちが居残りなんだよ!?」

    白龍「アラジン殿の転送魔方陣の方が飛距離が長いからだ。」

    ジュダル「しっかし、シンドバッドもバカだな!!自分の国をブチ壊しにしちまってよ…」

    白龍「俺たちが食い止めない限りは滅びの一途だ。なにせ、当の国民たちに己の身を守る気がないからな…」

    そう言って白龍が顎をクイッとする

    ジュダルがその方向を見ると、ドラコーンやサヘル達の姿
    1 (7)

    「なんだあいつらは!?なぜ俺たちがルフに還るのを邪魔するんだ!!?」

    ドラコーン「ジュダル…!!」

    「ジュダルだ!!あれは昔…俺たちの最初のシンドリア王国をめちゃくちゃにした黒いマギじゃないか!!」

    サヘル「まだ私たちをひどい目にあわせに来たのね……!!」

    無言で見ているジュダル
    2 (2)



    その時、白龍がジュダルの背中をバシッと叩く

    ジュダル「痛って!」

    白龍「しかし、厄介だな…守る対象が死にたがっているという状況は…」

    ジュダル「お、おおー。 バカ殿がなんとかするだろ?バカ殿が改心したっていうアリババの話が本当ならな。」

    白竜「ああ…ルフの書き換えが『聖宮』の魔法ならば それを解けるのは……
    (『聖宮』の主しかいない!!)」


    聖宮
    1 (9)


    逆さまになっているウーゴ・ダビデ

    ウーゴ「また神の序列が入れ替わる!」


    ウーゴ・ダビデがグルンと回転し逆さまから元に戻る

    次の瞬間、ダビデの顔にピシッとヒビが入り、中からシンドバッドが現れる
    1 (10)

    ダビデが左拳を振り下ろし、現れたシンドバッドを押しつぶす

    押し潰されたシンドバッドから白ルフが出てきてピィィと空中に舞っていく

    ニコッと笑うダビデ
    2 (3)

    が、シンドバッドが再びダビデの目の前に現れる
    1 (11)

    ウーゴ「地上ではアラジンたちがダビデの本体を倒そうと頑張っているはずだ…!でも、地上の人々のルフは書き換えられたままだ……
    (元に戻すには、シンドバッドがダビデに競り勝って……『聖宮』の主の座を手に入れるしかないんだ!!)」

    ダビデ「シンドバッドよ 聖宮の主導権を取り戻し、地上のルフの書き換えを解こうというのか?
    だがなぜだ?ほんの少し前まで、おまえは私と同じ意見だったじゃないか。

    地上のルフを回収し、我々の力にする そして神々と戦う!!これこそが!!純然たる『運命』じゃないか!!! お前にも見えるはずだ。そうだろう?」


    ウーゴ「違う!! シンドバッドはもう考えを変えたんだ!アラジンとアリババくんに説得されて…」
    1 (12)

    暫く沈黙するシンドバッド

    シンドバッド「そうだなダビデ。」

    ウーゴ「えっ?」
    1 (13)

    シンドバッド「俺とおまえには同じ『運命』が見えている。地上のルフを回収し、神々と戦うこと… それこそがまさに『運命』だ。」

    ウーゴ「(!? な…っ何を言っているんだ…!?シンドバッド…!?)

    驚愕の表情のウーゴ

    フッと笑みを浮かべるダビデ


    一筋縄ではいかない…神々の思惑が渦巻く!!


    このページのトップヘ