HUNTERXHUNTER

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    HUNTERXHUNTER No.370 「観察」

    ■伺う――殺しのタイミング

    クラピカ「それでは全員集まってくれ。これから念について説明する」

    刺客(王妃と王子の警護を考慮し主寝室を背にする形で講義を行う様子…ここまでこちらの想定通り…!)
    1

    クラピカと警護人たちの間に白線が引かれている

    クラピカ「まず最初にその白線よりこちらに入る事は絶対にやめてくれ

    警護上破った者は退場してもらうこともあり得るし」

    状況次第では警告無く武力を行使する場合もある」

    刺客(サイレントマジョリティの座敷人形(黒ぼっこ)を視る事が出来るのは

    能力者本人(俺自身)と憑かれた者(ロベリー)の2人だけ…!

    集まった者の中には任務の重要性を考えると途中退場になる様な輩はいないと思うが…)

    ミュハンが何食わぬ顔で白線を踏んでいる

    ミュハンを睨み付けるクラピカ

    クラピカ「名前と所属は?」

    すっとぼけるミュハン

    ダンジン「おい!」

    ミュハン「ん?ああ俺か?第4王子私設兵ミュハンだ。よろしく~」

    クラピカ「ミュハン…これが最後の警告だ。白線の後方に下がれ」

    ミュハン「ん?お~っと、こりゃうっかりだ。すまないな」

    1歩後ろに下がるミュハン


    ミュハン「悪かったな。二度としない約束するぜ

    俺は約束したら絶対に守る男だぜ

    ただ約束ってのはお互い守ってこそ成立するもんだよな?

    少なくとも俺はそう思ってるし破られたら頭に来るぜ?

    あんたは守ってくれるんだろうな…?ただの時間稼ぎじゃないよなァ~?」

    クラピカ「2週間で皆が念を使える状態にする…!最初に言った通りだ

    ケンカ腰(スラム流)でしか話が出来ないのか?束ねる王子の程度も知れるな」
    2

    怒ったミュハンが白線を超えてクラピカに迫ろうとするがダンジンが止める

    ミュハンに銃を向けるクラピカ

    クラ「――という誤解をもたらしかねない言動は慎んだ方がいい…

    ここまでがワンセンテンスだ。宜しいか?」

    ダンジン「全面的に同意する…以後気を付けよう。許してくれ」
    3

    怒りが収まらないミュハンはクラピカを睨み続ける


    刺客(想定を超える馬鹿がいたな…お陰で全員の注意があっちに向いた

    残念ながらアイツはターゲット(射程)の10人には入っていないが…

    不測の事態で座敷人形(黒ぼっこ)が一人も殺さず強制解除されると呪いが術者(こっち)に返ってきてしまう…

    リスク覚悟で早めに一人殺っておくか…呪唇白蛇(ツチボッコ)攻撃準備…!)
    4

    クラ「せっかくだ。各々自己紹介してもらおう

    ミュハンの次から時計回りにいこうか」

    ヒュリコフ(所作をみると右ききのはずだが銃を左手で構えた…きき手を自由にしておきたい証拠

    具現化系・操作系にままいるタイプだ

    右手周りの”纏”が強い…全体的なオーラのなだらかさから考えて未熟からくるものではなく

    系統による特性…具現化系だな…

    袖を長めにして手を隠しているし能力発動に右手が重要な役割を持つのは確実!

    強化系・変化系は手練れ程、得意な攻撃を発する部位の”纏”が弱く(静に)なる

    放出系・操作系は総じて”纏”で覆うオーラの体積が大きくなり意図的に縮めようとしても色が濃くなりがちだ

    …全てほんのわずかな差で俺だから気付けるくらいの違いだがな…
    5

    ほぼ間違いなくクラピカ(コイツ)が自白に持ち込める能力の持ち主…!

    バビマイナの見立てはどうかな…?)

    スラッカ「どこにでも場をかき乱すバカがいるな…全く迷惑な話だぜ。なぁ?」

    サカタ「……」

    お前が言うなみたいな顔をしているサカタ

    自己紹介が進む

    ダンジン「第4王子私設兵のダンジンだ」

    主寝室でオイトの警護をしているビルは事前にクラピカと交わした取り決めを思い返す

    クラ「バビマイナは王妃が念能力者だと思い真意はともかく気を遣って”円”を解いた…」

    クラ「この機に王妃の能力開発をすすめたい…」

    ビル「王妃…どうですか?」
    6

    両手の人差し指を合わせるオイト

    オイト「…ここ…かしら?」

    オイト「自信は無いけどここで押し合ってる感覚があります……かな…?」

    ビル(約1cmか…まあ…普通だな。いや…う~~ん…多分がっちり時間がかかるタイプだなこりゃ)

    ビル「OKです。続けて下さい」


    他が自己紹介中にバビマイナに接触するヒュリコフ

    ヒュリコフ「よォ…何で”円”解いてんだ?」

    バビマイナ「お前には関係ない」

    ヒュリコフ「じゃ俺にも関係ある話をするか…敵の想定戦力の一次報告を頼む」

    バビマイナ「戦略・戦術共に中心はクラピカ(アイツ)で間違いない

    具現化系か操作系で自白強要の他にも能力を隠し持っている可能性が高い」

    ヒュリコフ「対応計画は?」

    バビマイナ「まだだ」

    バビマイナ「王子の念獣が確認できてない…ビルの能力も未知数で立案の段階ではない」

    ヒュリコフ「OK。立案までの予想日時は?」

    バビマイナ「次の晩餐会終了後だな」

    バビマイナの肩を叩き、彼から離れるヒュリコフ

    バビ「フン」

    ヒュリコフに叩かれた場所を手で払うバビマイナ


    刺客(もう一度…誰かが全員の注意を引いたら攻撃開始…!)
    7

    ヒュリコフ「第一王子私設兵のヒュリコフだ」

    ムシャホ「第5王妃所属警護兵隊長ムシャホだ」

    クラピカ「…さてこれからこの16名で念を覚えてもらう訳だが…

    途中の修得速度に個人差が出ても2週間後には全員が念を使えるので安心してくれ

    レッスンを円滑に進める為、1つ確認しておきたい。正直に答えてくれると有難い

    この16人の中で既に念が使える者…!挙手してくれ」
    8

    ベレレインテとヒュリコフが手を上げる

    クラピカ「2名か。他には?」


    ロベリー「あの人達…使えるのに何で来たのかしら?」

    ユウリ「さあ?」

    ロベリーがベレレインテの背後に控える座敷人形に気付く

    ロベリー「!?」

    刺客(気付いたかよしよし…!しっかり皆の気を引けよ…!)
    9

    クラピカ「その2名はいわば監査…!私の指導っぷりを厳しく審査してくれるわけだな

    私は大歓迎だ。忌憚のない意見やアドバイスをくれると大変助かる」

    ヒュリコフ(残りの4人はしらばっくれる気か。まぁ俺以外の奴にはバレないだろうしな)

    ヒュリコフがロザリーの異変に気付く

    彼女の視線の先を目で追うがそこにいるはずの座敷人形を視る事が出来ない


    ヒュリコフ(何だ…?あの女、何が視えている…?)

    ロベリー「ちょっとあの女なに?」

    ユウリ「え、誰?」

    ユウリがロベリーの視線を追うがやはり何も視えない

    ユウリ「女なんていないわよ」

    ロベリー「え?そんなハズないでしょ。そこよ!変なマスクつけて!」

    ユウリ「いないってば。どこよ!?」

    ロベリー「そこよッッ見てよ!そこに変な女がいるってば!!」
    10

    ロベリーが指を差した方を全員が振り向く

    刺客(よォ~~~し!攻撃(行け)!!!)

    座敷人形が攻撃態勢を取る
    11

    「どこだ……?」

    「ここ?」

    ロベリー「え!? ヤダヤダ あたしだけ!? え ヤダ!!」


    ロベリーの方に注目が集まっている中、背後からドサッと倒れる音がする

    「!!!」

    「バリゲン!!!?」
    12

    バリゲン「ッッ……ッ」

    バリゲンの首に蛇型の念獣が巻きつきバリゲンを締め上げる
    13

    苦しみながら蛇を引きはがそうとするバリゲン

    突然の出来事に警護兵達は慌てふためく

    「どうした!?」

    「何か白いのが首に巻きついてる!」

    「はずせ!」

    「バリゲン手を離せ!」

    バリゲンの血が蛇に吸われ瞬く間に干からびていく

    刺客(呪唇白蛇(ツチボッコ)は全部で4匹

    一匹ならば44秒で4匹同時に一人を襲えば11秒で全身の血を吸い尽くす)
    14

    白蛇「シャ――――ァッ」

    サカタが4引きのツチボッコを銃で撃つ

    撃たれたツチボッコは煙の様になり消えていく


    サカタ「離れていろ。まだ体の中にいるかもしれない」

    「とけ…消え…た!?」

    「こいつらは一体!?」

    「これが念獣か!!」

    バリゲンの遺体を調べるベレレインテ

    サカタ「おい!」

    ベレレ「あ~らら、まだ息があったかも知れないのに 殺したのはア・ナ・タよ」
    15

    サカタ「どう見ても死んでたよ。国王軍に連絡してくれ」


    クラ(第3王子の私設兵も9mmパラか

    “凝”でガードしても無傷ではすまない威力…

    状況次第で45口径やH&K(ヘッケラー&コッホ)が登場してくると思った方がいいな…

    だがそれより当面の問題は…)

    騒動中クラピカを観察していたバビマイナ

    バビマイナ(微動だにせず一所懸命か…いいタマだ

    お前なら気付いてるだろ…これは王子達の念獣じゃない)
    16

    ユウリ「ロベリー!あんたの言ってた変な女は!?」

    ロベリー「え?あ…!いない…!どっか行ったわ!えぇ!?」

    シェジュール「…これが我々の念修得を妨害する意図だとしたら…」

    ユヒライ「ここに人員を派遣していない王子の念獣の仕業か…!?」

    クラピカ(この中に潜む暗殺者を探す事…!)
    17


    ■殺意の白蛇 狩るか狩られるか


    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    HUNTERXHUNTER No.364 「思惑」

    護衛という名の刺客!!

    クラピカ「(正規国王軍を兼ねた第一王子の私設兵…!!

    あからさまな捏造も容易に真実へと変えられてしまうだろう…!

    ならば こちらが正当防衛を理由にコイツを倒せばどうなる?

    我々がそれをやれば暗殺犯として国王軍に拘束され即 有罪は免れない!)」

    クラピカはビンセントに襲いかかろうとするが…

    ビンセント「おっとォォ 危ないですよ~~~~~~~ええ!

    それ以上近付くと…第14王子(ワブル)殺害計画犯の共謀者と断定し

    防衛権を行使しますよ!? ええ!」

    クラピカに銃を突きつけて牽制してくるビンセント…

    クラピカ「(王妃と王子は最後の従者と共に残され 次の刺客に殺される

    「従者が王子と王妃を暗殺し 自ら死んだ」というシナリオを完成させるために…!)」



    手を上げ攻撃の意志がない事を示すクラピカ
    hunter364-01

    ビンセント「くくく…賢明です 貴方が緊急コールをしたクラピカさんですか?」

    クラピカ「そうだ…知っての通り王子を狙う者は大勢いる

    動機から考えれば この中で最も危険なのはお前だ」

    ビンセント「心外ですね ええ 私の目的は「協力」ですよ…………?

    現在ここで起きている「問題」を「解決」するために来たのです

    「協力」……していただけませんか?(そうすればお前達の命は助けてやる…)」

    ビンセントの提案にクラピカは…

    クラピカ「(………クズめ)」
    hunter364-02



    クラピカ「我々は何があろうと御二人を御守りする」

    心配そうな顔をするオイトとひたすら泣き続けているワブル

    クラピカ「その為にここに在る」

    目のコンタクトを外す

    緋の目をオイト達に晒すクラピカ…!

    クラピカ「信じていただけますか?ワブル王子 オイト王妃」
    hunter364-03-500x286



    ずっと泣いていたワブル王子がピタっと泣き止む
    hunter364-04-500x247

    ワブル「ば あ」

    クラピカの方に手を伸ばすワブル王子

    その様子を見たオイト王妃は…

    オイト「信じます!! 何があっても!!」

    オイトの言葉を聞いた瞬間、人差し指の鎖をオイトに使用する…!
    hunter364-05-330x500

    バチ バチバチ

    オイト王妃の耳の付近に電流のようなものが流れる…

    一同「!?」



    その様子を見ていた部屋中の人達は驚いている

    サイードルの能力を奪った時に現れたイルカみたいなものが姿を現す

    「オイト様 これはアナタの頭と直接交信しています」

    「現在アナタと私はクラピカの能力によって繋がっております」
    hunter364-06-500x332

    オイト「!? !?」

    「尚 私に搭載された“裏窓”の使用権はクラピカからオイト様に移行しました

    これは能力を発動するまで有効です 尚 私の姿はクラピカとアナタにしか見えません」

    オイト「!? !? !?」

    突然奇妙なイルカが話かけてきて困惑するオイト王妃…

    ビンセント「(王妃を攻撃…!? 「協力」にイエスという事か!?

    !! もう一人の護衛は…!?)」

    ビルの姿を一瞬見失うビンセント

    その隙を突くようにビルはビンセントに襲いかかるが

    ビンセントはすぐに気付きビルに向けて銃を発射する…!

    ドウドウ ドウドウ ドウドウ

    ボッボッボッ
    hunter364-07



    銃弾を念でガードするビル…!

    ビル「ぬうう!!」

    ビンセント「(半身で急所を隠した上 念でガードしている

    銃では止められない ”虚空拳(エアブロウ)”!!!)」



    しかしビンセントの念能力は不発…!
    hunter364-08-500x319

    ビンセント「(出な…?)」



    ヂュウウウウウウ
    hunter364-09-500x429



    クラピカの人指し指の鎖がビンセントの足に突き刺さっている…!

    ビンセント「(オーラを吸われて……!?)」



    クラピカ「(“人指し指の絶対時間(ステルスドルフィン)”

    吸い取った能力を他人に移動させる!!

    これにより“奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)”は

    別の能力吸い取る事が出来る!!)」

    その隙をついてビルはビンセントを近付いて押し通す!

    ビンセント「がっは!」

    ビンセントは足掻きでビルに銃を向けようとするがクラピカがビルの手を踏みつけ阻止する…!

    ギビッ!

    ビンセント「がっっ」



    クラピカ「第14王子(ワブル)暗殺未遂の現行犯で貴様を拘束する」

    ビンセント「……何を言っている?

    警告を無視し私を攻撃してきたのはお前達の方だろう!!

    私は王室警護兵として王妃と王子の護衛に来ただけだ!!」

    オイト「私が証言します

    あなたがいくら小細工をしようが 奸計で抗おうが」



    オイト「私達の命を狙い 罪のないサンドラを殺したのはビンセント!! あなたよ!!」
    hunter364-10

    ビンセント「…………」

    クラピカ「御心配なくオイト王妃 私の能力を使えば…

    彼は自ら証言台で全てを語ってくれるでしょう」



    ガリッ
    hunter364-11-500x153

    ビンセント「ぐふっ」

    歯の奥で何かを噛んだ途端突然苦しみ始めたビンセント…

    ビル「!! どうした!?」

    クラピカ「毒だ! 奥歯に仕込んでいたのか………!!」

    ビル「吐かせよう!」

    クラピカ「覚悟の服毒だ…手遅れだろう 国王軍に連絡してくれ」

    ビル「このまま引き渡すのか!? せっかく自白が…… !?」



    シッという合図を出しながらビルの耳元に指を指すクラピカ…

    クラピカ「わかっている…それは確かに残念だが 船内の裁判で片が付く事案ではない
    hunter364-12

    彼の自白で即 黒幕逮捕とはいかないだろう

    我々や王妃が裁判に出廷する事で生じる警護上のリスクを考えると

    第一王子側が静観するならば こちらも動かないほうが得策だ」


    場面は1001号室――

    『死体をこちらへ動かそう』

    『…………』

    『ちょっと待て』

    『バギ』



    先程のやり取りを通信機で聞いていたバルサミルコとベンジャミン

    バル「気付かれましたね 通信が途切れました
    hunter364-13

    問題なのは敵の能力ですな…銃声の後わずか数秒間で拘束」

    ベン「ビントセントが正常に念を使える状態ならば2対1とはいえ

    体術で秒殺されるとは考えにくい

    敵のどちらかがビンセントに何らかの方法で

    念を使えない状況にしたため やむなく銃で応戦……

    そいつ もしくはもう一方が「自白に持ち込める能力」という事か…?」

    バル「逆も考えられます…念能力を敵に知られる事を躊躇し発砲

    その判断が仇ととなり敵に拘束されたとも…………

    他の兵には防衛権行使の際 速やかに念能力を使う様 指示します」



    バル「気になるのはやはり敵の能力…どうも附に落ちませんな

    敵が操作系の能力者ならば多くの場合「口頭での命令」が使われますがそれが無い

    しかもビンセントは発砲も反論も服毒も出来ている……」

    ベン「ブラフの可能性もある…と?

    あらかじめ こちらの傍受に気付いていたという事か」

    バル「はい ただし能力が完全な虚仮とは言えませんが

    あえて我々に聞かせるためと考えれば あのやり取りは非常に合点がいきます

    人間を操作できる能力者がいると匂わせればこちらは慎重にならざるを得ません

    ビンセントが自死を選んでいる以上

    奴が死ぬ覚悟を決めるだけの根拠はあったと考えるべきですな

    ベン「わずか2名となった護衛が思いの外

    任務に忠実で厄介な能力を持っているかも知れないか」



    ベン「………くくくく 面白い……!!」
    hunter364-14-500x154



    ベン「バビマイナ ビンセントの後任についてもらう」

    バビ「は!」

    ベン「状況が変わり任務も変更となる」



    ベン「これより貴様に託されるのは失敗の許されぬ最重要任務だ

    命を賭して遂行せよ!!」
    hunter364-15-500x411

    バビ「は!!」



    場面は1014号室――

    クラピカ「(第13王子(マラヤーム)は常に飼っているハムスターを帯同している

    次の晩餐会で第8王妃(オイト)にサイールドの能力を発動してもらい

    ハムスターを操作出来る様にする…

    それが可能なら他の王子の状況を知る絶好のチャンスだが………)」



    クラピカ「(次の晩餐会までほぼ丸一週間…

    1時間で150日…24時間で10年…1週間で… 現実的ではないな……)
    hunter364-16

    王妃 大変混乱されている状況でしょうがその能力には時間的な制限があります」

    オイト「…… あの…私は一体何をすれば…」

    クラピカ「小動物を操る能力は探査活動に最適です

    その能力を使い他の王子の同行を探ります

    理想的な生物はハエか蚊です

    空中を移動できて日常に存在し比較的目立たない

    もしも そのどちらかを発見したら即ドルフィンに発動命令を出して下さい

    標的に命中させるまではドルフィンがやってくれます」

    ドルフィン「クラピカ そちらの能力を私に搭載しますか?

    そうすればその能力の詳細が知れて使用も可能となり更に再び

    “奪う人指し指の鎖(スチールチェーン)”も使用可能で一石三鳥です」

    クラピカ「……(確かにドルフィンに能力をセットすれば

    奪った能力の内容を知る事が出来る上に一度のみの使用も可能…

    しかしそのかわり万が一その能力の発動条件が難易度の高いものだと………

    能力の使用自体が困難になり強制的に“絶対時間(エンペラータイム)”の

    状態が続く事になる……) いや いまはまだいい

    (それは即ち オレの死を意味する)」

    プルル プルルルル

    クラピカ「シマノ 電話を頼む」



    「(“絶対時間の制約(エンペラータイムのルール)”

    発動時に一秒につき一時間!! 寿命が縮む…!!)」



    シマノ「すいません 交換台から貴方と離したいと連絡が…」

    クラピカ「誰からだ」

    シマノ「それが… 同時に3人…第1王子と第3王子と第5王子です」

    クラピカ「!!」

    オイト「…本来ならば上の王子から受けるのが筋ですが…

    現状だと 後回しにされた王子は敵対行為と受け取るかも知れません」

    クラピカ「確かに…先に話した者と共謀したのではと疑われたら否定しても証明できない」

    オイト「待たされた王子が電話を切っていたら 宣戦布告です…!」

    クラピカ達に緊張が走る…!


    ピンポーン
    hunter364-17-500x230



    最悪のタイミングで部屋に訪問してきたバビマイナ…!


    3本の電話に1人の訪問者。優先順位が生死を分かつ!!


    このページのトップヘ