人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
2週間71円で全て読み放題!!

ハイキュー!! 第258話 『経験値』

宮治に押し込まれた日向

山口「ああーっ」

月島「仕方無いじゃん、経験値が違うんだし …まあ今の “押し合い” はたまたまだけど

1対1でブロック抜かれ続けるのはストレスだろうね 1本目 “ラッキーで” 止めたから尚更」




烏野が2回目のタイムアウトをとる

烏養「稲荷崎は変人速攻にもう対応してきてる

“紛れる” を解禁しよう」

頷く影山

水分補給していた日向「! アッ」

烏養「?」

日向「! オッス、計画通り!!」

烏養「…お前忘れてたろ」

ギクッ…とする日向

月島「最初は頭に入ってたけど双子の速攻見てからは “おれの方が速い” とかそんな事ばっか考えてた

…とかかな」

日向「くっ…!」

烏養「熱くなっちゃダメ 本日2回目」

日向「…ウッス。」

烏養「スパイクもブロックもな」
2 (1)


相手のサーブ

レシーブする澤村「フッ」

東峰がバックアタックで打つが、2枚ブロック…

宮治にブロックされ、ボールは烏野コートに落ちるが…

日向が反応してなんとか左手で触る…

声を出す菅原達「もっかいもっかい」

次はレフトの田中がクロスにアタックするが、銀島がレシーブする

山口と木下「ん”ぅっ…!」




宮侑はライトの治に一瞬目をやるが…

トスは大耳へ

ブロックは田中と影山の2枚

大耳のアタックを影山がワンタッチする

影山「ワンチ」

澤村がなんとか拾うが…

澤村「スマン、近いっ」

田中がなんとか押し込もうとするが…
2 (2)
立ちはだかった大耳と尾白に抑えこまれてしまう

田中「ヌ”ッ…!」

滝ノ上「ああっ…!」

嶋田「クソッ」

しかし審判はタッチネットの判定

ホッとする田中

尾白「つい力入ってもーた!」

嶋田達、谷地もホッとしている

烏野19ー20稲荷崎

宮侑「サボんなや、サム!!」

宮治「! サボってへんし」

侑「うそつけ! “とりあえず囮に入ります〜” みたいな入り方しよってバレバレや!」

治「うっさいわ、全部全力で跳んどったら最後まで保たんわ」

侑「打ったら決まるんやからキバれや!それともあの小っこいブロック恐いんか!」

治「恐いワケあるかい」

北と角名「…」

日向「!! マジっスか!」

宮治「!? お、おう」

シュン…とする日向「(恐くないのか…)」

宮治「?」
2 (3)
日向「(1枚ぽっちだからか??)」

サーブは影山

日向「(いや、1枚でも恐い奴は恐いじゃんか…例えば?

恐えブロックっつったらやっぱ青根さん…でも伊達工は皆恐えから1対1ってあんま無い 大体2枚以上でグワッて)」
2 (4)

伊達工のブロックを想像して、ぶるる…と震える日向

影山の強烈なサーブ

レシーブする赤木

日向「(違う違う、1対1… 1対1で1番嫌だったブロックは誰だ
2 (5)
誰だ 誰だ 嫌なブロック 嫌な…)」

今までのブロックを思い浮かべた日向…

日向「あっ」



治に “サボんな” …という念を送る侑

宮治「(わかっとるわ)」

トスは治へ

助走してブロックに向かう日向

西谷「!」

日向「(1対1でイチバン嫌だったブロック)」



“クロスには打たないでね?打てないよね??”
2 (6)
宮治「!」

金田一「んっ」

月島「!」

烏養「…!」
2 (7)
宮治は開いたストレートにアタックするが…

それを西谷がレシーブする「ダッシャアアッ」

日向「!!」

宮治「(ストレート “打たされた” )」

日向は下がって助走の位置につくが…

前衛の宮治達「?」

走り出さない日向

宮治「(10番が入って来ない)」
2 (8)
“紛れる” 同時多発位置差(シンクロ)攻撃



影山はライトへトスし、澤村が決める

実況「決まったー!!ライトからキャプテン澤村ー!!烏野高校ブレイク!!再び同点ー!!」

澤村「ッシァア」

西谷「翔陽!今のワザとか!?」

日向「ウッス、すっげーイヤだったブロックっス…」

西谷「?」
2 (9)

クシャミする青葉城西3年のMB・松川(電車内)

花巻「おだいじにどうぞ」


月島「…ふーん」

金田一「日向の奴、前はただの野生児だったクセに…」