#マンガ

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    ワンピース 第884話 『誰だ

    “ギア4”!
    ルフィのパンチに吹っ飛ぶカタクリ。
    1

    「お前を無敵だと思った!!!」
    「“武装色”は実体を捕らえる力なのに!!」

    「“武装色”は」
    「自然系にも効く力なのに!!」

    「お前の体をすり抜けたから!!!」
    2

    「でも違った!!!」

    「お前にも攻撃は」

    「当たるんだ!!!」
    3

    またもルフィのパンチがカタクリを捕らえる!
    「う゛!!!」

    「硬すぎるお前の「武装防御」も!!!」

    再びルフィに飛ばされるカタクリ。 

    「“ギア4”なら負けねェ!!!」

    「フーー……」
    「……………!!」
    「フーー……」
    息を整えるカタクリ。

    「すげェのはモチの能力じゃねェ!!!」
    「お前の“見聞色”なんだろ!!?」
    4

    次々と攻撃を加えるルフィ。

    縮めた両足を身体にめり込め、反動で強烈な蹴りを繰り出す!

    「“リノシュナイダー”!!!」

    ドン!!
    5

    カタクリは大きく蹴り飛ばされ、頭を強く打ち付ける。

    だが、立ち上がるカタクリ。

    ハァ ハァと息を吐きながら、
    「フーー……」と呼吸を整える。

    「”ゴムゴムの”ォ!!」
    ルフィが次の攻撃の構えに入る。

    頭から血を流しながら、「ギロリ…!!」とルフィを睨むカタクリ。

    「“コングオルガン”」
    「!?」
    ルフィの強烈な無数のパンチを、再びかわし始めたカタクリ。

    「見極めただけ大したものだ…!!」とカタクリ。

    「!!!」
    驚くルフィにカタクリは語る。

    「ああ おれは変形して効率よく避けてるだけ」
    「「覇気」で未来を見れば可能だ」
    6

    「今 少々熱くなった事で…」
    「お前につけ入る隙を与えた」

    「“見聞色”は冷静でなきゃあ」
    「発動しねェもんなァ…!!」

    「殴られたなんて 何年ぶりだ…!?」

    モチ状態で身体を貫通させ、ルフィの拳を「がしっ!!」と胴で捕らえる。

    「弟クラッカーがやられた理由が……」
    「ーー少し理解できたよ…!!」

    ルフィを捕らえたまま、
    「無双ドーナツ!!!」とトリモチをドーナツ状にしたものが現れる。

    「モチじゃねェのか!!」とショックを受けるルフィ。

    片腕を捕らえられたまま、再び両足をギギリ…と構えるが、

    カタクリはドーナツを自身の拳に変える。
    「え」
    ルフィが認識した直後、
    「“力餅”!!!!」
    7

    武装色を纏ったモチ拳がルフィを激しく強打する!!

    ビキビキビキ

    ボコン!!

    強烈な衝撃を食らい、ルフィは弾き飛ばされる。
    9

    “ギア4”の身体が虚しく跳ねる。

    「もう二度とスキは見せん」
    「ーーまた振り出しだな…!!」

    その頃、「ショコラタウン」で騒動が。

    シフォンを見つけていたパウンドが現れて、お菓子工場に入れてくれ!と騒いでいる。

    パウンドを認識しても、プリンの命令で工場には入れられない。

    一目会いたいだけ!と懇願するパウンド。
    どうか会って一言だけ言葉を交わしたい!
    10

    時間は16:00。

    作業を続けているサンジたちにも外の騒ぎが聞こえてくるが…。

    中では、ブリュレから“麦わらの一味”の状況が伝えられていた。

    深夜1時には、見失った“麦わらの一味”の船がカカオ島に現れる。
    そこが、はぐれた船長“麦わらのルフィ”との落ち合い場所。
    「もっとも……」
    「あいつがカタクリお兄ちゃんに勝ち…」
    「カカオ島に現れる事はないけどね!!」
    と笑うブリュレ。
    11

    ーーつまり9時間後には
    現れない船長を待つ“麦わらの一味”が到着!
    それを追う食いわずらいのママとペロス兄がカカオ島に集う!!
    12

    だけど安心して!!
    麦わらの一味は
    今そっちに行ったオーブンお兄ちゃんの軍隊に任せればいい!!


    ちょうどその頃、4男のオーブンが到着。
    プリンの言いつけを納得するが、騒ぎを気にする。
    13

    「ママの事は頼んだよプリン」
    「あんたが頼みの綱だ!!」
    ブリュレの言葉に、最高のケーキを作ると約束するプリン。

    工場前では、パウンドがオーブンに排除されようとしていた。

    誰が騒いでいるのか気にするシフォン。
    サンジは「気になるか?」と問うが、
    プリンは、「今のお話聞いてた?」とルフィを心配する。

    カタクリ兄さんは超人、誰にも負けたことが無い、と。

    プリンの心配に、サンジは自信満々で答える。
    「ーーじゃあ今日が」
    「初めての敗北だな」
    「ケーキを作ろう 大丈夫だ」
    14

    サンジの男らしい言葉に、プリンからゆげが!
    慌てるシェフたち!

    スイートシティには、ママがナッツ島を襲撃している、と報告が。
    慌てるモンドールに更なる知らせ。
    15

    海底調査の結果…、
    「ナワバリウミウシが一匹もいない~~!!?」
    驚愕のモンドール、ニワトリ伯爵、そしてペコムズ。

    「なぜだ~~!!!」
    「死んだのか!?」

    だが、原因は不明。

    カカオ島を目指すサニー号でも、ジンベエが異変に気付く。
    追っ手が全く見えない状況に、ナミは「きっと罠よ!!」と警戒。
    それには、チョッパーとキャロットが、一瞬たりとも気を抜かない!!と、気合いの見張り!

    ジンベエは、アラディン達が無事に逃げたか心配する。

    突然消えた何万匹のナワバリウミウシ。
    彼らは楽しげな歌声に誘われて集合していた。


    ほら♥
    一緒に歌お♪
    ウミウシ達~~♪♪
    働くのやめたらウキウキだし~~♪♪

    警備?
    ダメよ♪♪
    報告?
    禁止♪
    歌は?
    オッケ~~❤

    そう♪
    働いちゃダメよ❤

    それが休日の~~~~~~♪♪
    法律❤
    16

    軽やかに歌うのはアラディンの妻、プラリネだった。

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    銀魂 六百五十八訓 「吠えるだけの生き物」

    柩の腕を斬り落とす銀さん…

    銀さん『オイ…
    俺の犬に何してんだ てめェ』
    1

    銀さんの攻撃を防御する柩…

    そのスキをつき、銀さんは斬り落とした柩の腕を腹部に突き刺し、柩を地面に叩き付けます…
    2

    怒り顕に柩に迫る銀さんの背後を狙う虚…
    其れを瞬時に躱す銀さん…
    3

    間合いを取り、見合う二人…

    虚「来ましたか…どうやら
    間一髪間に合ったようですね」
    4

    奈落を倒し、定春へと駆け出す新八・神楽ですが、
    5

    突如龍脈の噴出により、道を阻まれます…
    6

    虚「その目で世界の終焉を
    目の当たりにする瞬間に…」
    7

    地面が砕け、落ちてゆく定春に神楽が腕を伸ばすも、
    8

    掴む事が出来ずに落下してゆく定春…

    神楽「定春ぅぅぅぅ!!」
    9

    身動きが取れない状況の中、定春に追いつく銀さんですが、龍脈の噴出から銀さんを護る為に、定春は銀さんの身体を押し返します。
    10


    \ドド/

    協力なエネルギーの中へと消えて行く定春…
    11

    吹き飛ばされる銀さんの背後に立つ虚…

    虚「最後の希望は潰えた…」

    場面変わり─────────

    天鳥船から退避している船員達…

    船員①「急げェェ!!
    自壊が進んでいる..時間はないぞ」

    船員②「早く避難艇へ!!
    必ず生きて地球に帰るのだ!!」
    12

    場面変わり────────

    再び地球…

    虚「龍脈を止められる者はもういない…」
    ──────────────
    長谷川「踏ん張れェェ!!
    まだだ!!まだ地球に落ち
    るワケにはいかねェ!!
    万事屋(やつら)が必ず地球
    を元に戻す…
    だからあと少しだけ踏ん張
    ってくれェ!!」
    13

    ──────────────
    虚「この地球(ほし)に降る破滅
    を止められる者はもういない…」

    ─────────────
    避難艇へと急ぐ桂・坂本達…

    桂「・・・銀時 今帰るぞ
    待っていろ…きっと地球
    (そこ)で待っていろ───」
    ─────────────
    背後から、銀さんに剣を突き立てる虚…

    虚「君達の護れるものは
    もう何もない…
    14

    坂田銀時…
    それが君にとっての終わり
    である事は解っていますよ…

    ここに君の松陽(し)がいたなら..
    きっとこう言ったでしょう…

    君はよくやった..よく戦った…
    だからもう苦しまなくていい
    楽になりなさいと─────」

    銀さん『・・・・・・・・』

    『最後の希望?龍脈を止める者?
    それがどうした…そんなもん何匹
    くたばったってかまやしねェよ…』

    『俺達ァただ…』

    項垂れる新八・地面に大粒の涙を落とす神楽の描写…

    銀さん『隣で【わん】と吠える
    だけのただの犬がいりゃそれで
    よかったんだ…
    ただそんだけで充分だったんだ』
    15


    洞爺湖を握る手を震わせながら、思いを口にする銀さんに「十二分にただの犬でしたよ」と返す虚…

    虚「何の役にも立たずただ
    無意味に死んでいった───」

    \ゴゴ/ \ゴゴ/\ゴゴゴ/

    虚「!」「これは・・・」

    噴き上がる龍脈が鎮まってゆく…

    \ガキィイン/

    その光景を見やる虚に洞爺湖を投げつけ距離を取る銀さん…

    ───────────

    央国星ハタ皇子艦隊…

    部下「皇子!!
    地球のアルタナに異変が!!」

    モニターを見るハタ皇子・長谷川…

    ハタ皇子「こっこれはっ」

    ─────────────

    虚「龍脈が静まり始めている?」
    16

    銀さん『・・・アイツが
    食いかけたエサ残して皿
    下げるタマかよ…』

    虚「!!
    アルタナに飲み込まれ
    たのではない…
    あえて飲まれた…

    その奔流から龍穴に侵入し
    内部から龍脈そのものに
    干渉するために…」

    虚「あの犬はアルタナの
    激流の中で未だ龍脈(りゅう)
    を鎮めようとしているという
    のか…」

    星海坊主から受け取った結晶石の剣を抜く銀さん…

    銀さん『何だろうと関係ねェ…
    アイツが最後の希望と崇められ
    ようと…龍脈(りゅう)を鎮める
    ための生贄にされようと…』

    『俺ァアイツのただの飼い主様だ
    アイツがただの犬に還るまで隣で
    吠え続けるだけだ…』
    17

    衝突の時────────!!

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    刃牙道 180話 『待望』

    ー 機は熟した ー


    世紀の決戦を見届けようと……
    1



    2

    ガイア
    「少し遠いのですが」


    本部
    「いや…」
    「「表情」も「気」も「思い」も」
    「この距離なら十分だ」


    ガイア
    「過不足なしと」


    本部
    「禁煙なのがチョットな…」


    独歩
    「見ねい克己」
    「日本刀の大小だけ」
    「使用う気満々だぜ」
    3


    克己
    「ここにあるということは」
    「剣を帯びずに出てくるということでしょうか」


    独歩
    「さあな」
    「ジェネレーションギャップが過ぎて読めねえや」


    (なんでだ…?)
    (大将の仇なのに…)
    (憎悪む気になれねェ・・・・・)
    4

    そんな中、武蔵登場・・・・・・・・
    5


    6

    オリバ
    「!」

    オリバ
    (噂に誘われて日本まで来たが)
    (噂通りの噂以上)

    7
    オリバ
    (こんな男が存在するのか!!!)
    8


    紅葉
    「早いな入場」

    「確かに…」


    渋川先生
    「ふふ 何を企むやら」


    ザ ッ

    突然座禅を組む武蔵・・・・・・・・
    9

    そんな中・・・・・

    刃牙入場。

    オ オ オ オ オ オ オ

    ワ ア ッ

    『パンッ』
    10


    刃牙
    「あれ」



    武蔵
    「少年(ぼん)」
    「何をしていた」
    「待ちくたびれたぞ」
    11


    刃牙
    「二ィ・・・・」

    武蔵
    「ん?」


    武蔵
    「ん~~~~~~~~~~~~~~~~!?」
    12


    ■刃牙に一体どんな変化が…!?



    →→続く

    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!
    ワンピース 第883話 『おやつの時間

    「筋肉風船っ!!」
    1
    ぷくーっ!!とルフィが腕を膨らまそうとすると、
    カタクリは手や指を動かし、ルフィにまとわりつかせているトリモチを操作し、ルフィを押さえ込む。

    「おわァ~~!!!」
    苦しむルフィの叫び声!

    「やるとわかっている明らかなパワーアップを」
    「なぜ黙って見てなきゃならない」
    2

    さらにカタクリは続ける。
    「おい“麦わらのルフィ”」

    トリモチから逃れようともがくルフィ。

    「言っておくが おれは」
    「お前を見くびっちゃいない!!!」

    カタクリがぎゅっと拳を天井に向けると、ぐにっ!と動く天井。

    「え」
    「モチ!?」

    いくつもの「モチ」の塊がルフィを頭上から襲う!

    あんなモチに潰されたら窒息だ!と、もがくルフィだったが
    「ああ…」
    「窒息だ……!!」
    カタクリの冷徹な言葉と共に
    “加々身モチ“!!!がルフィを押し潰す。

    鏡餅と化した重なったモチ天井。

    「悪かったなこんな決着で…」
    「少しイラ立っていたんだ」
    3

    「お前に手間取っていたせいで」
    「今日の“おやつの時間(メリエンダ)”を40分も過ぎている」
    4

    バンバン
    かろうじて外に出た腕で床を必死に叩くルフィ。

    「やがて楽になる……」
    そう言ってルフィに背を向け、
    「パティシエ!!」と叫ぶ。

    「はっ!!!」
    その言葉に直ぐに反応したのは3人のパティシエ。
    慌てて荷車いっぱいのおやつを運んでくる。

    毎日定刻にメリエンダされる
    「完璧主義」のカタクリ様の遺憾
    お察しいたします!!

    実はお紅茶の方40分経ちすっかり冷めてしまい……!!

    と口にすると、カタクリは「ピク」と反応し、
    「アイスティーで構わない」とメリエンダの準備を始める。

    (何とお優しい~~!!!)と感動のパティシエたち。

    本日のメリエンダは
    甘いチョコと生クリームたっぷりのドーナツ。

    トリモチがドーナツを包む。
    「糖分こそ力の源!」とカタクリ。

    ドーナツを包んだトリモチは社となり、カタクリは何人たりとも社に入れるな…、とパティシエたちに言い渡す。

    カタクリは、食事をする姿も誰にも見せたことがない。
    何と繊細な!
    食事とは人の油断!
    気を抜いて誰かと楽しく取るべきティータイムでさえも…。
    5

    さすがはビッグ・マム海賊団を支える10億超えの戦士…!!!

    感慨深げのパティシエたち。

    と、
    「ぶはーーーーーーーーっ!!!」と鏡餅の中からルフィが飛び出してくる。
    驚くパティシエたちに向かって叫ぶ。

    「モチなんか食ってやった!!! 」
    「どうなってんだ!!ここの海賊との戦いは!!」
    「物食わなきゃ勝てねェのか!?」

    6
    現れたのは満腹状態のルフィ!

    「あいつどこ行った!?」とカタクリの行方を訊ねると、
    パティシエたちは、もう鏡世界から出ていったと嘘を吐く。
    7

    だが、ルフィはモチ社からの、強い“声”を感じて指差す。

    (しまった「見聞色」!!)と焦るパティシエたちに、さらに続ける。
    「ドーナツ食ってんな!?」
    くんくん…と鼻をならすルフィに、
    (「見聞色」!?)と大いに疑問を感じるパティシエたち!

    「勝った気でくつろいでやがるんだな!?」と怒りのルフィ。

    だが、パティシエたちは「バカ言え!!」と強く反論。

    カタクリ様は今 あの社にて
    戦いの神とそして己と対話しておられる!
    神聖な時間なのだ!!
    誰もこれを邪魔立てしてはならぬ!!!

    するとルフィは反対方向へ走り出す。

    パティシエは、所詮弱小海賊団の船長て笑うが、
    ルフィはすぐに戻ってくる。
    「やせて来た!!」

    元の体型になって戻ってきたルフィに驚くパティシエ。
    「人体ってそうだっけ!?」

    ルフィは、
    「おっしゃこっちも万全だァ!!!」と社に突進してくる。

    パティシエたちは必死で止めるが、
    「ゴムゴムのォ~~~~~~~~!!!」
    「“象銃”!!!」

    8
    ボコォン!!
    社を大きく破壊する!

    「わあああああ~~~!!!」
    「カタクリ様申し訳あり…」
    慌てたパティシエたちがそう口にした時、目にしたカタクリの姿は…。


    「ああドーナツ!!うましドーナツ!!」
    「あ~~~~ん❤」
    「穴までうましドーナツ」
    9

    大きな口を開け、普段は決して見せないだらけきった顔でドーナツを貪るカタクリの姿…!

    「寝転んで食うドーナツ!!禁断・背徳そしてーーードーナツ!!」
    「至福とはこの一時の事 うましドーナツ!!」
    10

    ブリュレが意気揚々と口にした言葉がこだまする。

    人生で一度も横たわった事がない!!
    地面をも見下す男!!
    いつも気高く

    目を閉じて至福を堪能していたカタクリが、目を開けて状況に気付く。

    冷静で強く
    完璧な人間
    それが私達の
    カタクリお兄ちゃんなのよ!!

    パティシエたちは顔面蒼白に。

    「見たな……!!!」
    「おれの食事シーンを……!!!」
    11

    マフラーの下の大きな牙を生やした大きな口でギロッ!!と睨む。

    「まだ勝負は終わってねェぞ!!」
    着地してカタクリに向かって駆け出すルフィ。

    だが、カタクリはパティシエを攻撃!
    一人を槍で刺し、命乞いする残る2人のパティシエを武装色の拳で殴り付ける。
    12


    そしてルフィに向かって行く!!

    「生きてたのか!!悪かった 死を見届けもせず!!」
    「我慢の限界だったんだ!!!」

    ルフィの武装色パンチに、同じく武装色パンチを合わせるカタクリ。
    13

    ゴキィン!!

    「うわァ!!!」
    ビキビキと拳が傷むルフィ。

    「“武装色”にも上がいる!!」
    「おれの真の姿を見た者は生かしちゃおかねェ!!!」

    再び拳同士を合わせる。
    ガン!!
    「ぐう!!!」

    腫れた拳に「ふーーっ!!」「ふーーっ!!」と息を吹き掛けるルフィ。

    尚も殴りかかるカタクリに、
    「ん?」とルフィは何かに気付いたように身体を沈めて
    ガン!!と下からカタクリの顎に蹴りを入れる。
    14

    「よけねェ!!!?」
    「蹴りも入った!!!」

    カタクリは再びぐいっ!!と口元を隠す。

    「入ったがどうした!!!」
    カタクリは再び覚醒した能力で、床や天井をトリモチに変えてルフィを攻撃する!

    「わかってきた…!!」
    「お前の“能力の”」とルフィ。
    15

    「あァ!?何がわかった!?」
    「さんざん教えた筈だお前の能力じゃおれには敵わねェ!!!」

    「“雨垂モチ”」無数のトリモチがルフィに降り注ぐ。
    ドドドドド!!

    ルフィは攻撃を避けると共に
    「“ギア4”」を発動!

    「お前は強ェけど!!!」
    「無敵じゃなかった!!」

    「“ゴムゴムの”」

    「“猿王銃(コングガン)”!!!」
    16



    人気コミック、週刊誌、雑誌が読み放題!!
    今なら新規会員様特別キャンペーン開催中!!
    2週間71円で全て読み放題!!

    銀魂 六百五十七訓 「犬は群れを愛する」

    1

    空を突き抜ける龍を見て、ターミナルへ一人向かおうとする定春…

    阿音「どこにいくのよ…
    許さないわよ..…私達を
    おいていくなんて…」

    「私達もいく…
    一人でなんていかせない」
    2

    負傷した身体を引き摺りながら定春の尾を掴む阿音…

    阿音「ごめんね…解ってる
    私達じゃもう足でまといに
    しかならないって…だから…」

    定春の尾に触れ、験力を与える巫女姉妹の描写…

    阿音「もっていって…私達の全部」
    3

    「使命なんて果たさなくていい…
    命なんか使わなくていい…
    アナタ自身のために..アナタの
    大切な人達のために…使って..」

    「絶対に・・・死んじゃダメ・・・よ」

    二人から力を与えられ、ターミナルを目指す定春…
    4

    見据える先には虚の姿が…
    5

    虚「来ましたか…龍を統べし一族」
    6

    剣を抜く虚…

    虚「龍を屠るにはその懐近くに
    入り急所を突くしかない…だが
    それには大きな危険を伴う…」

    地面に剣を突き刺し視界を濁らせ、定春へと距離を詰める虚…

    \ガキィィン/

    7


    虚「気安く急所(そこ)に触れ
    れば龍は怒り全てを灰にする…
    あなたに砕けますか…この龍の逆鱗が…」
    8

    定春の尾を掴み投げ飛ばす虚…

    虚「その牙で…その爪で…
    龍(わたし)の怒りと嘆きを
    砕けますか…」

    無数の錫杖を定春へと投げ刺す奈落…

    様子を窺うも束の間、奈落を噛み加えて瓦礫の中から飛び出す定春…

    虚「最後の希望にしては
    あまりに儚く…
    最後の抵抗にしてはあまり
    に退屈だ──────────」
    9

    場面変わり──────────

    艦内の船員に呼びかける紫雀…
    10

    紫雀:〔天鳥船艦内の人員に告ぐ
    どうやら我等の命運はまだ尽きて
    いなかったらしい…
    消えかけていた我等の命の灯を
    友の灯がつないでくれた…〕


    :〔消えかけていた希望の灯を
    同士の灯がつないでくれた…〕


    :〔この灯はもう我等だけの
    ものではない…
    絶やす事は許されぬぞ─────〕

    定春に飛び掛る奈落の描写…

    :〔友のために生きよ…
    友のために戦え…
    その灯が絶える時は
    友の灯も絶える時と心得よ…

    なればこそ死んではならん…

    何としても生き抜いて友が
    つないでくれたこの灯を
    あの地球(ほし)へ…
    11


    あの地球(ほし)で戦う友へ
    つなげるのだ────────〕
    12

    場面変わり──────────

    奈落の追撃を躱す中、駆ける定春に地面から更に攻撃を加える柩…
    14


    柩により腹部を刺されてその場に倒れる定春…
    13

    力を振り絞って立ち上がろうとする定春は、阿音達の言葉を、そして、万事屋に初めて会った時の事を思い返します…

    【使命なんか果たさなくたっていい…
    命なんかつかわなくたっていい…】

    【アナタ自身のために…
    アナタの大切な人達のために
    その力を使って─────────】
    15

    立ち上がる定春に、柩が迫ろうとしたその時…
    16


    \ドッ/

    銀さんにより、腕を斬り飛ばされる柩…
    17


    家族を、一人にはさせない─────!!

    このページのトップヘ